日本フィルハーモニー交響楽団 コンチェルト × コンチェルト!! Vol.1

レジェンドの“醸造”をダブルで満喫

 いきなり“レジェンド”の登場だ。日本フィルの新シリーズ「コンチェルト×コンチェルト!!」は、著名ソリストが奏でる協奏曲2曲をメインにした美味しい企画。6月のVol.1でスポットを浴びるのは、クラリネットのリチャード・ストルツマンである。彼は、純然たるソリストとして長年活動を続けてきた、同楽器史上稀な存在。リサイタルや協奏曲のみならず、ジャズやフュージョンでの実績も光っている。また70作を超えるディスクをリリースし、グラミー賞も2度受賞。ハリウッドボウルとカーネギーホールでクラリネット・リサイタルを行った最初のアーティストになるなど、前代未聞の業績を挙げている、その名人芸的な手腕は言わずもがな。彼は、抜群の音楽センスで聴く者を惹きつけ、とろけるような音色と絶妙なフレージングで陶酔の世界に誘う。
 今回の演目は、モーツァルトとコープランドのクラリネット協奏曲。ストルツマンは、昨年9月のサントリーホール「チェンバーミュージック・ガーデン」におけるブラームスのソナタなどでも、練達の至芸を披露したばかりだ。とはいえベテランゆえ、2大名作をまとめて耳にできるのは、当然貴重な機会。管楽器協奏曲の最高峰たるモーツァルトの名品はもちろん、ベニー・グッドマンのために書かれたコープランドの協奏曲は、彼の本領発揮に相応しいだけに必聴だ。今年4月からオーケストラ・アンサンブル金沢のレジデント・コンダクターに就任するなど、近年活躍が際立つ田中祐子の指揮と、好調・日本フィルの演奏も期待大。カップリングのバーンスタイン「ウェスト・サイド・ストーリー」より「シンフォニック・ダンス」なども楽しみだ。
 何はさておき、“現役のレガシー”をとくと堪能しよう。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2018年6月号より)

2018.6/2(土)14:00 Bunkamuraオーチャードホール
問:日本フィル・サービスセンター03-5378-5911 
http://www.japanphil.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]