第134回 スーパー・リクライニング・コンサート 三村奈々恵 マリンバ・リサイタル

温かなサウンドで癒やしのひとときを

C)Yoshinori Kurosawa

 リラックスして感覚を解放し、ゆったりと音楽を味わうHakuju Hallの「スーパー・リクライニング・コンサート」。第134回は、多彩な音楽を自在に奏するマリンバ奏者、三村奈々恵によるリサイタルだ。
 アメリカをはじめとし、ヨーロッパ、アジア、中南米でも活躍する三村。今回は「変幻自在のマリンバが奏でるバッハからブラジル音楽まで」と題し、三村らしいボーダーレスなプログラムを聴かせる。「ブラジルのココナッツ・ボンボン〜美味しいボサノヴァ」という魅力的なタイトルをもったトーマス・O・リーの作品、三村が委嘱やレコーディングを通じて積極的に取り組む吉松隆作品からは「バードスケイプ」、三村自身の編曲によるピアソラの「ブエノスアイレスの春」やJ.S.バッハの名曲「シャコンヌ」など、充実の60分プログラムが展開される。温かく豊かな響きをもつマリンバの音色を、リクライニングシートに身を預けて全身で堪能しよう。
文:飯田有抄
(ぶらあぼ2018年3月号より)

2018.4/12(木)15:00 19:30 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700 
http://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]