澤畑恵美(ソプラノ)

やりがいのある名舞台の再演、本当に楽しみです

 2015年、紀尾井ホールにおける日本初演で絶賛を博したペルゴレージの歌劇《オリンピーアデ》が、今秋再演される。生気溢れる舞台で観る者を惹き付けたこのプロダクションの再登場は、実に意義深い。本作は、古代オリンピック競技にまつわる様々な愛憎の末に、2つの愛が成就する物語。主役格のクレタの王子リーチダを歌う日本屈指のソプラノ・澤畑恵美も、前回の公演に手応えを感じている。
「バロック・オペラながらも、グランド・オペラを皆で作り上げたような充実感がありました。美しいアリアもふんだんにあるのですが、レチタティーヴォでのドラマの展開が重要なので、演劇の要素が濃い舞台を成し遂げた感覚もありましたね」
 本来カストラートで歌われたリーチダは、ソプラノの澤畑にとって初の男役。しかも出演時間が長い。
「単純明快で竹を割ったような表現が多く、女性役の“しな”のようなものを削ぎ落とす必要があります。出番の多さも体力や気力的には大変。でも役柄が自然に発展していく時間を与えられますので、やりがいがあります。また声域も2オクターブ以上と非常に広く、静かなアリアと激しいアリアが2つずつあります。中でも聴きどころは、愛に敗れた苦悩の中で自分を見つめ直す、第2幕最後の激しいアリア。3人が私に思いを吐露した後に歌われるその場面が、第3幕のフィナーレの感動に繋がる山場です」
 演出の粟國淳、指揮の河原忠之や豪華な歌手陣への信頼は厚い。
「粟國さんは台本と音楽に誠実な方。指示された位置で歌うだけでそのアリアの世界が広がる、不思議な居心地の良さがあります。河原さんは我々を信頼してくださっていますし、音楽への愛が前面に出ていて、歌いながら彼を見るとお客様よりも幸せそうな顔をしているくらいです。共演者の方たちは本当に心強く、サッカーチームのような感じ。前回は実際に円陣を組んでから舞台に出たんです」
 彼らは全員、今回の再演に参加する。
「皆がオペラの展開を十分に把握している今回は、役と役の関わり方や一人ひとりの苦悩を、より丁寧に分かりやすく表現できますし、私自身も見落としていた“間”などを生かそうと考えています」
 なおこの公演では、前回カットされたアリアが数曲追加され、オーケストラは特別編成だった有志の楽団から紀尾井ホール室内管弦楽団に変わる。
 また「紀尾井ホールの空間を生かした」舞台作りも見逃せない。
「シンプルだけれど何の不足もなく、セミステージ形式とはいえオペラとして充分成立しています。それに舞台が客席と近いので、お客様との一体感があります。公演が楽しみです」
取材・文:柴田克彦
(ぶらあぼ2017年11月号より)

ペルゴレージ:歌劇《オリンピーアデ》(セミステージ形式)
2017.11/3(金・祝)、11/5(日)各日15:00 紀尾井ホール
問:紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061 
http://www.kioi-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • マエストロのレシピ まとめ
      on 2019/10/23 at 04:14

      職業柄、旅に出ることが多く、仕事の合間を縫って食材を作っている現場に赴くこともあると語るマエストロ・曽我大介。 このコラムでは、彼が情熱を抱きながら調理している鉄板レシピを、その料理にまつわるエピソードやライフスタイルとともにご紹介しています。 マエストロのレシピ 菜の花とアサリとベーコンのスパゲッティ | マエストロのレシピ Vol.1 シューマンの「春」を譜読みしていたマエストロが、春のヨーロ [&#8230 […]