鈴木豊人(クラリネット)

レーガーの作品でたどり着く世界はたとえようもなく美しいのです

 今年4月に改称して新たなスタートを切った「紀尾井ホール室内管弦楽団」(旧・紀尾井シンフォニエッタ東京)。メンバーらによる室内楽コンサートも、「紀尾井ホール室内管弦楽団によるアンサンブルコンサート」としてリスタートする。その第1回は「五重奏のカレイドスコープ」。ライヒャの変奏曲、ベートーヴェンのピアノと管楽のための五重奏曲、レーガーのクラリネット五重奏曲。管楽器が主役の五重奏曲にフォーカスしたプログラムだ。レーガーのクラリネットを吹くのはオーケストラ創設時からのメンバー鈴木豊人。
「クラリネット五重奏の最高峰なのですが、滅多に演奏されませんね。クラリネット五重奏の歴史は、モーツァルトに始まり、ウェーバー、ブラームスがあってレーガーがある。第1楽章には、ブラームスの引用もあります。その処理の仕方がまた美しい。ちょっと煙に巻かれるような感じもあるんですけれども、たどり着く世界はたとえようがないほど美しいです。前半のライヒャとベートーヴェンの、サロン的な楽しさとは対照的。弦のメンバーは、ライヒャとレーガーを一晩に弾くので面食らうでしょうね(笑)」
 オーケストラが室内楽コンサートを主催しているのは、個々のメンバーのアンサンブル体験を磨いてオーケストラ全体の質を向上させる意図もある。オーケストラと室内楽とでは吹き方を変えるものなのだろうか。
「僕はあまり意識したことはありません。ただ紀尾井ホールで、さまざまな編成で吹いた経験から感じているのですが、響き方や聴こえ方は、編成によっても全部違うんですよ。もちろんこのホールの響きは熟知しているので安心感はありますけど、何が起こるかは毎回違います。逆に言えばそれが楽しみでもありますね」
 興味深い、でも一般的にはややレアな演奏曲目だが、コンサートを聴く“準備”についてこんなことを話してくれた。
「僕自身は、前もってCDを聴いたり解説を読んだり、予習して出かけることはほぼありません。当日のプログラム冊子さえ開演前や休憩中には読まない。先入観を持ちたくないんです。何も知らないまま客席に身を置く。だからみなさんも、どうぞ頭を空っぽにしてお越しください。こうでなければならないなんていう決まりは一切ないですから」
 そうだ。音楽は自由だ!
 出演は他に、福士マリ子(ファゴット)、蠣崎耕三(オーボエ)、鈴木高通(クラリネット)、丸山勉(ホルン)、山﨑貴子、今井睦子(以上ヴァイオリン)、安藤裕子(ヴィオラ)、中木健二(チェロ)。ピアノの上原彩子がゲスト(ベートーヴェン)。
取材・文:宮本 明
(ぶらあぼ2017年7月号より)

紀尾井ホール室内管弦楽団によるアンサンブルコンサート(1)
五重奏のカレイドスコープ
2017.9/11(月)19:00 紀尾井ホール
問:紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061 
http://www.kioi-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]