アフラック クラシックチャリティーコンサート

名曲&名演で子どもたちに励ましを!

井上道義 C)Mieko Urisaka

 リニューアル・オープンしたサントリーホールに、オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の潑剌とした演奏が響く。指揮はもちろん音楽監督の井上道義だが、コンサートは、小児がんと戦いながら毎日を送っている子どもたちと、それを支えているご家族のために行われるチャリティー公演なのだ。ユニークなアヒルのCMでおなじみ、「アフラック」の主催によるこのコンサートは、音楽を楽しんで社会をサポートするという有意義なもの。
 演奏されるのはモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」。井上とOEKの得意とする曲であり、生き生きとした演奏を聴かせてくれるのは間違いない。音楽の中から湧き出てくる生命感はモーツァルトの魅力そのものであり、同時に生きる喜びや希望を共有できるだろう。
 さらにはもう1曲、フランスの作曲家ドビュッシーが子どもたちのために書いたバレエ音楽「おもちゃ箱」も演奏される。この曲、知らないからと敬遠してしまうのはもったいない面白さなのだ。舞台はおもちゃ箱の中。主役となるのは道化師、少女、兵士という3体の人形たち。警官や水夫、ピエロなどさまざまなキャラクターも登場する。彼らに命を吹き込むのは、井上によるユニークな語りと演出。同じ指揮者とオーケストラによる前回の公演に接したときは、オーケストラの楽員も芝居に加わって盛り上げていたため、今回も期待大だ。充実した音楽を楽しみ、子どもたちに思いをはせるひとときを。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ 2017年7月号から)

2017.9/12(火)19:00 サントリーホール
問:カジモト・イープラス0570-06-9960
http://www.kajimotomusic.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]