ジョナサン・ノット(指揮) 東京交響楽団

知性派ノットの面目躍如たるプログラム

ジョナサン・ノット ©K.Miura

ジョナサン・ノット ©K.Miura

 ノットと東響の蜜月ぶりはいろいろな人から伝わってくるし、実際にそれは演奏にも如実に表れている。「東響はいいシェフに恵まれた」とみんな思っているはずだ。そんな矢先、就任2シーズン目にして驚きのビッグニュースが飛び込んできた。ノットが東響の任期の10年延長(2026年まで)を早々と決めたというのである。
 まだキャリア上昇の余地のあるノットのような指揮者にとって、これはなかなかの英断である。いよいよ油が乗ってくる10年を東響と共に過ごすというのは、それだけこのオーケストラに深く惚れ込み、音楽人生を賭けているという証だからである。高い評価を得てきたドイツ・バンベルク響との協業の軌跡を考えると、ワクワクしないではいられない。
 さて、11月の東京オペラシティシリーズと新潟定期も、新しさと古さを組み合わせ、ひねりの利いた音楽の旅へと仕立てた、知性派ノットらしいプログラミングだ。メインは親しみやすく、どこか懐かしいメロディーが満載のドヴォルザークの交響曲第8番。バルトークは音楽の民族的要素をモダンな感性と結びつけたが、「弦楽器と打楽器とチェレスタのための音楽」でも、そうした精神は十分に発揮されている。そして冒頭にはフェルドマン「ヴィオラ・イン・マイ・ライフⅡ」が置かれた。同じ音型が延々と反復されることで有名な作曲家だが、この作品はアルカイックなたたずまいを持ち、珍しくメロディらしきものも登場する。フェルドマン入門にぴったりだ。ハンガリーとチェコ、東欧の民族性を掘り起こしながら、現代と巧みに架橋させるシェフの腕前を堪能したい。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年11月号から)

第89回 東京オペラシティシリーズ
11/28(土)14:00 東京オペラシティ コンサートホール
問:TOKYO SYMPHONY チケットセンター044-520-1511

第93回 新潟定期演奏会
11/29(日)17:00 新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ
問:りゅーとぴあチケット専用ダイヤル025-224-5521

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]