日本フィル・シリーズ再演企画第8弾 下野竜也(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

戦後日本で生まれた傑作&秘曲を集めて

下野竜也 ©Naoya Yamaguchi

下野竜也 ©Naoya Yamaguchi

 今をときめく世界中の指揮者たちが在京オーケストラに連日のようにやってくる素晴らしい時代だ。しかし邦人作品の演奏機会は、ひところに比べるとめっきり減ってしまった。外国人シェフは日本の作曲家のことをよく知らない場合が多く、グローバリゼーションは、その土地の文化を廃れさせる恐れがある。このままでは寂しいではないか…。
 そんなリスナーの溜飲を下げてくれる企画を紹介しよう。日本フィルハーモニー交響楽団は創立時から気鋭の作曲家に新作を委嘱する『日本フィル・シリーズ』を継続してきた。委嘱を受けた作曲家たちはこぞって力作を提供し、戦後を代表する名曲が次々と生み出されたが、その後再演機会に恵まれず忘れ去られたものも少なくない。下野竜也がこの宝の山から埋もれていた名品を掘り起こし、大喝采を浴びたのは2012年7月の定期でのこと。その後も同団はこつこつと蘇演に取り組んできたが、この5月に「オール・日本フィル・シリーズ・プログラム」が再び実現する。指揮はもちろん下野だ。
 黛敏郎の「フォノロジー・サンフォニック」はシリーズのスタート前年、1957年の同団第2回定期で演奏された、いわばシリーズの第0作ともいうべき作品で、反復される金管のモティーフを軸にオーケストラがダイナミックに爆発する。木管楽器に焦点を当てた林光「Winds」は24作目として1974年に初演。今回は82年の改訂版での演奏となる。「霧の果実」(第35作)は一昨年世を去った三善晃の晩年を代表する交響四部作の一つで、錯綜した音響世界が聴き手を精神の深みへと誘う。そして最後を飾るのはシリーズ第一作、矢代秋雄「交響曲」。フランス風の和声をがっちりとした構成が支える、邦人交響曲の金字塔だ。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年5月号から)

第670回 東京定期演奏会
5/15(金)19:00、5/16(土)14:00 サントリーホール
問:日本フィル・サービスセンター03-5378-5911
http://www.japanphil.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part1
      on 2019/11/11 at 09:29

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 日本のオーケストラのシェフに海外の著名指揮者が就任することが珍しくなくなって久しいが、近年は欧米でキャリアを築き上げつつある30〜50代の指揮者が目立つようになった。これはメジャーリーガーの大スターがキャリアの終わりに日本のプロ野球へとやってくるがごとく、功成り名を遂げた老指揮者が日本のオケのポストを受ける図式とは根本的に異なる [&#8230 […]