ヤクブ・フルシャ インタビュー【20世紀の音楽を届ける時が来た】

- フルシャ×都響の《春の祭典》 -

20世紀音楽のプログラムだと語るフルシャ。 描写したオネゲルからハンガリアンノスタルジアのバルトーク、 そして大いなる自然をたたえるストラヴィンスキーへ・・・
6/24 25にストラヴィンスキー《春の祭典》を指揮する、ヤクブ・フルシャのインタビューです。

【公演詳細】
◆第772回定期演奏会Bシリーズ ★6月24日(火)・サントリーホール
◆第773回定期演奏会Aシリーズ ★6月25日(水)・東京芸術劇場
https://ebravo.jp/archives/10303

◆「作曲家の肖像」シリーズ Vol.97 スーク★6月29日(日)・東京芸術劇場コンサートホール
https://ebravo.jp/archives/10591