Tag Archive for 針生美智子

【CD】モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》(全曲)/モーツァルト・シンガーズ・ジャパン

 二期会の精鋭たちとピアノによるモーツァルト・オペラの第2弾。指揮者はおらず、人気歌手の宮本益光が音楽監督を務めている。このスタイルならば、声と歌が通常よりクローズアップされるのは当然のこと。バックがピアノだけなので、レチタティーヴォが歌の部分と一体化し、“歌芝居”がずっと続いていくかのような印象がもたらされる。この点…

【ゲネプロレポート】新国立劇場《フィレンツェの悲劇》《ジャンニ・スキッキ》(新制作)

人間の欲望をテーマとする1幕仕立てのオペラをダブルビルで上演  歌劇場では、短いオペラを並べて一晩のステージを作ることがある。いわゆる、ダブルビルと呼ばれる上演形態である。もとは映画の2本立て(double bill)を意味する英語だが、今ではイタリアやフランスでも使われる一般的な表現になっている。  今回、新国立劇場…

まもなく開幕、ヤナーチェクのオペラ《イェヌーファ》〜新国立劇場が初めて上演

 欧米の歌劇場ではすでに定番演目となって久しいヤナーチェクのオペラが、ようやく新国立歌劇場で上演される。2012年にベルリンで好評を博したクリストフ・ロイの演出が初演時の主要キャストもほぼそのままに引き継がれると知り、早速GP(ゲネプロ・最終総稽古)に駆けつけた。以下、作品紹介も兼ねて、その印象をお伝えしよう。 (取材…

【動画】新国立劇場《イェヌーファ》ゲネプロから

 2月28日(日)開幕する、新国立劇場の新制作オペラ、ヤナーチェク《イェヌーファ》。去る25日に行われたGP(ゲネプロ・最終総稽古)から、一部を動画でご紹介します。 (2016.2.25 新国立劇場オペラパレス Movie:J.Otsuka/TokyoMDE ) ※公開ゲネプロのため、記録用スティール撮影のシャッター音…

●新国立劇場《イェヌーファ》稽古場レポートvol.3

 新国立劇場の新制作オペラ、ヤナーチェク《イェヌーファ》。稽古は順調に進み、明日のGP(ゲネプロ・最終総稽古)を経て、いよいよ28日開幕です。  こちらでは、去る18、21、22、23日に取材したKHP([Klavier Haupt Probe]ドイツ語でクラヴィーア・ハウプトプローベ。ピアノ伴奏による通し稽古。実際に…

新国立劇場《イェヌーファ》稽古場レポートvol.2

 2月28日に開幕する新国立劇場の新制作オペラ《イェヌーファ》。1月31日から日本人キャストとカヴァー歌手の稽古が始まっていますが、2月4日から指揮者のトマーシュ・ハヌスが、7日にはすでにベルリン・ドイツ・オペラでの同プロダクションに出演歴のあるハンナ・シュヴァルツ、ヴィル・ハルトマン、ジェニファー・ラーモアが参加して…

新国立劇場《イェヌーファ》稽古場レポートvol.1

 新国立劇場が2、3月に上演するヤナーチェクのオペラ《イェヌーファ》(新制作)。昨日、1/31(日)から、稽古が始まりました。 (2016.1.31 新国立劇場リハーサル室 Photo:M.Terashi/TokyoMDE)  飯守泰次郎オペラ芸術監督が「ヤナーチェク作品を上演したいという希望をずっと持っていました。す…

横浜みなとみらいホール 小ホールオペラシリーズ 気軽にオペラ!《コジ・ファン・トゥッテ》

芸達者な実力派が繰り広げる“恋愛ゲーム”  かつてのヨーロッパのサロンを思わせる、小ぶりで品のいい横浜みなとみらいホール小ホールの劇場空間を舞台に、オペラの名品の魅力を間近に味わう「気軽にオペラ!」シリーズ。第3弾では、モーツァルトの《コジ・ファン・トゥッテ》を取り上げる。誘惑の危険にさらされる、2組の男女の恋の行方を…

新国立劇場オペラ鑑賞教室に1都8県、54校からおよそ9000名が参加

 去る7月9日〜15日、平成26年度 新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室《蝶々夫人》が開催された。  「新国立劇場 高校生のためのオペラ鑑賞教室」は、現代舞台芸術の一層の普及をめざす新国立劇場が、若い世代が優れた生の舞台を鑑賞できるよう、平成10年度から毎年開催しているもので、「初めてのオペラこそ本物の芸術を体験…