【CD】モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》(全曲)/モーツァルト・シンガーズ・ジャパン

 二期会の精鋭たちとピアノによるモーツァルト・オペラの第2弾。指揮者はおらず、人気歌手の宮本益光が音楽監督を務めている。このスタイルならば、声と歌が通常よりクローズアップされるのは当然のこと。バックがピアノだけなので、レチタティーヴォが歌の部分と一体化し、“歌芝居”がずっと続いていくかのような印象がもたらされる。この点が新感触であり、本作の妙味でもある。演奏自体は引き締まった運びでスピーディに進行し、皆が粒の揃った艶やかな歌唱を展開。雄弁・闊達なピアノの妙演も相まって、身構えずにモーツァルトの名作の醍醐味を味わえる。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年1月号より)

【information】
CD『モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》(全曲)/モーツァルト・シンガーズ・ジャパン』

モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》

モーツァルト・シンガーズ・ジャパン
【宮本益光(バリトン) 針生美智子 文屋小百合 三井清夏(以上ソプラノ) 望月哲也(テノール) 原田圭 近藤圭(以上バリトン) 伊藤純(バス) 石野真穂(ピアノ)】

オクタヴィア・レコード
OVCL-00705(2枚組) ¥3800+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]