Tag Archive for 篠原悠那

Music Program TOKYO シャイニング・シリーズ Vol.5 ボローニャ歌劇場弦楽五重奏 〜東京音楽コンクール入賞者とともに〜

イタリアと日本の清冽なソノリティの融合  東京文化会館小ホールで「ボローニャ歌劇場弦楽五重奏」が、東京音楽コンクール入賞者を中心とする日本の若き名手たちとヴィヴァルディの「四季」を演奏する。五重奏のメンバーは同歌劇場管弦楽団のコンサートマスターのエマヌエーレ・ベンフェナーティ、首席ヴァイオリン奏者のダヴィデ・ドンディ、…

未来の音シリーズvol.27 カルテット・アマービレ

若き4人が挑む「皇帝」とフランス近代二大名作  めぐろパーシモンホールの好企画、「未来の音」シリーズは、“これからの時代を響かせる、若き演奏家たちの「今」を聴く”という独自のコンセプトのもと、期待の俊英たちを世の中に紹介し続けてきた。  9月の同シリーズに登場するのは、カルテット・アマービレ。桐朋学園大学に在籍していた…

【CD】鈴木輝昭 室内楽の地平

 目まぐるしく動く声部が有機体のように絡んで線の束を織り上げ、音の波となって押し寄せる。鈴木輝昭は音のアクロバティックな身振りを次々と繰り出して聴き手を圧倒するが、その関心は音色や奏法の開発というよりも、弦楽四重奏やピアノトリオといった古典的なメディアにおけるテクスチュアやドラマトゥルギーの探求へと向いている。出発点に…

第131回 スーパー・リクライニング・コンサート カルテット・アマービレ

フレッシュなアンサンブルで聴くハイドンとピアソラ  2016年9月、難関のミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門で3位入賞、併せて委嘱新作特別賞受賞という快挙を果たし、室内楽の世界に彗星のように現れた四重奏団、カルテット・アマービレ。桐朋学園大学に在籍していた4人で結成され、学び舎を共にしてきた強みもあり、すでに緻…

篠原悠那(ヴァイオリン)

 「次代を担う」ヴァイオリニストとして期待を集める、篠原悠那がCDデビューをはたす。現在、桐朋学園大学のソリスト・ディプロマ・コースに在学中の彼女は、2014〜15年にフジテレビ系列で放送されたアニメ『四月は君の嘘』でヒロインの中学生“宮園かをり”のモデル・アーティストを務めたことで大きな話題を呼んだ。 「ヒロインの演…

フレッシュ名曲コンサート オール・モーツァルト・プログラム

モーツァルト名曲づくしの一夜  瑞々しいサウンドが、東京に春の訪れを告げる。次代を担う気鋭のアーティストの熱演を聴く『フレッシュ名曲コンサート』。今回は、飯森範親指揮の東京交響楽団によるオール・モーツァルト・プログラムで、珠玉の名曲を堪能する。まずは、2011年の第80回日本音楽コンクールと13年の第11回東京音楽コン…