Music Program TOKYO シャイニング・シリーズ Vol.5 ボローニャ歌劇場弦楽五重奏 〜東京音楽コンクール入賞者とともに〜

イタリアと日本の清冽なソノリティの融合


 東京文化会館小ホールで「ボローニャ歌劇場弦楽五重奏」が、東京音楽コンクール入賞者を中心とする日本の若き名手たちとヴィヴァルディの「四季」を演奏する。五重奏のメンバーは同歌劇場管弦楽団のコンサートマスターのエマヌエーレ・ベンフェナーティ、首席ヴァイオリン奏者のダヴィデ・ドンディ、首席ヴィオラ奏者のエンリーコ・チェレスティーノ、首席チェロ奏者のフランチェスコ・マリア・パラッツォーリ、首席コントラバス奏者のファビオ・クアランタ。そして日本勢は、ヴァイオリンの依田真宣(東京フィルのコンサートマスター)、岸本萌乃加、篠原悠那(カルテット・アマービレ)、坪井夏美、荒井里桜、三原久遠(ウェールズ弦楽四重奏団、都響)、鍵冨弦太郎、ヴィオラの瀧本麻衣子、田原綾子、チェロの水野優也、チェンバロの川田健太郎が参加している。

 演奏会前半には、2017年の東京音楽コンクール木管部門で第1位を獲得し、現在、東京フィルの首席クラリネット奏者を務め、今年のチャイコフスキー・コンクールで第3位に入賞した、アレッサンドロ・ベヴェラリがボローニャのメンバーとウェーバーのクラリネット五重奏曲やヴェルディ=バッシの「リゴレット・ファンタジー」を共演する。

 なお、軽井沢大賀ホール(10/26)と、福島県白河市の白河文化交流館コミネス(11/3)でも、同じメンバーによって「四季」が演奏される。イタリアと日本の音楽家たちの交歓が楽しみである。
文:山田治生
(ぶらあぼ2019年9月号より)

2019.10/30(水)19:00 東京文化会館(小)
問:東京文化会館チケットサービス03-5685-0650 
https://www.t-bunka.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]