未来の音シリーズvol.27 カルテット・アマービレ

若き4人が挑む「皇帝」とフランス近代二大名作


 めぐろパーシモンホールの好企画、「未来の音」シリーズは、“これからの時代を響かせる、若き演奏家たちの「今」を聴く”という独自のコンセプトのもと、期待の俊英たちを世の中に紹介し続けてきた。
 9月の同シリーズに登場するのは、カルテット・アマービレ。桐朋学園大学に在籍していた篠原悠那、北田千尋(以上ヴァイオリン)、中恵菜(ヴィオラ)、笹沼樹(チェロ)の4人で結成。2016年には難関中の難関であるARDミュンヘン国際音楽コンクール弦楽四重奏部門で第3位という快挙を成し遂げ、その実力はすでに折り紙付き。結成から短期間で緻密にして鮮やかなアンサンブルを獲得している、若き名四重奏団である。
 今回取り上げるのは、ハイドンの「皇帝」と、フランスの二大名作であるドビュッシーとラヴェルの弦楽四重奏曲。カルテットというジャンル全体をも代表するような傑作を3曲集める、実に意欲的なプログラムだ。清新かつエネルギッシュなパフォーマンスで、4人の「今」を存分に聴かせる。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年9月号より)

2018.9/30(日)15:00 めぐろパーシモンホール(小)
問:めぐろパーシモンホールチケットセンター03-5701-2904 
http://www.persimmon.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]