Tag Archive for 小澤征爾

小澤征爾に第38回「ケネディ・センター名誉賞」

 芸術分野で米国の文化に大きな功績を残した人に贈られる第38回「ケネディ・センター名誉賞」の祝賀式が12月6日、ワシントンD.C.のケネディ・センターで行われ、小澤征爾が出席した。1978年の賞創設以来、日本人の選出は初めて。  小澤は、29年間にわたりボストン響の音楽監督を務めたほか、ウィーン・フィルなど世界中のオー…

小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトが京都から始動

 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトが、2016年のロームシアター京都リニューアルオープンにあわせ、初めて京都から始動する。2015年11月18日、ロームシアター京都で記者会見を行った。 (Photo:M.Terashi/Tokyo MDE)  ロームシアター京都は、1960年に京都・岡崎地域に完成以来およそ半世紀にわ…

ウィーン・フィルが「小澤征爾さんのお誕生日を祝う会」を開催

 10月4日、サントリーホールで「小澤征爾さんのお誕生日を祝う会」が行われた。この会は、「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン2015」の無料公開リハーサル終了後に行われたもので、ウィーン・フィルからの申し出によるサプライズ・イベントだった。  この日のリハーサルを指揮したクリストフ・エッシェンバッハが…

サントリーホールが開館30周年記念事業を発表

 2016年に開館30周年を迎えるサントリーホールが9月16日、堤剛・サントリーホール館長、市本徹雄・同総支配人の出席のもと、30周年記念事業を発表した。 (取材・文:編集部 Photo:M.Terashi/TokyoMDE)  記念事業は年末の「ジルヴェスターコンサート ウィーン・フォルクスオーパー交響楽団」を皮切り…

ロームシアター京都が竣工、小澤征爾さんが記念演奏会

 2016年1月10日にリニューアルオープンするロームシアター京都(旧京都会館、京都市左京区)の竣工式が9月13日、同館サウスホールで行われた。式には門川大作・京都市長や山田啓二・京都府知事らが出席した。  京都会館は1960年に完成、以来おもにコンサート会場として京都市民に愛されてきたが、老朽化のため京都市が2013…

小澤征爾さんが薄暮の京都・二条城で「第九」を指揮〜ロームシアター京都 オープニング・プレ事業

 「セイジ・オザワ松本フェスティバル(OMF)」で去る9月1日、自身の80歳バースデー・コンサートを、6日にはオーケストラ コンサートを指揮したばかりの小澤征爾が12日、京都の二条城で「第九」を指揮した。 (取材・文:ぶらあぼ編集部 Photo:M.Terashi/TokyoMDE)  この公演は、2016年1月10日…

小澤征爾さんが80歳の誕生日に指揮台に復帰

 ケガのためオペラの指揮を降板していた指揮者の小澤征爾さんが、9月1日、長野県松本市で開催中の『セイジ・オザワ 松本フェスティバル』での「マエストロ・オザワ80歳バースデー・コンサート」で指揮台に復帰した。  この公演は、小澤征爾さんの80歳の誕生日を祝うコンサートで、公演では、ピアニストのマルタ・アルゲリッチらと共演…

ナタリー・シュトゥッツマン(指揮)

歌手として恵まれた今こそ指揮者への道を  当代随一のコントラルト歌手ナタリー・シュトゥッツマンは、近年指揮者としてのキャリアを築きつつある。2009年に「オルフェオ55」という室内オーケストラを創設し、自ら指揮台に立っており、日本でも水戸室内管や小澤征爾音楽塾などで指揮を披露している。そして遂にこの9月、新日本フィルの…

小澤征爾さんがオペラの指揮を降板、代役にギル・ローズ

 8月10日(日)から9月6日(土)まで小澤征爾総監督のもと長野県松本市で開催される『セイジ・オザワ 松本フェスティバル』で24日(月)からベルリオーズのオペラ《ベアトリスとベネディクト》を指揮する予定だった小澤征爾さんが、ケガのためオペラの指揮を降板することになった。7日(金)、実行委員会が明らかにした。代役はギル・…

小澤征爾が音楽塾の特別演奏会を開催、京都・二条城

 2016年1月10日に京都に開館するロームシアター京都のオープニング・プレ事業として9月12日、小澤征爾が音楽塾のオーケストラを指揮する特別演奏会が京都・二条城で開催される。小澤征爾音楽塾の活動が始動した2000年以降、その公演活動を継続的に支援しているローム株式会社(本社:京都市)と公益財団法人ロームミュージックフ…