METライブビューイングがアンコール上映

 世界最高峰の歌劇場のひとつとして知られる、メトロポリタン・オペラ(MET)の最新公演を映画館で堪能できるMETライブビューイング。2016/17シーズンは、サイモン・ラトル指揮のもと、開幕を飾る新制作ワーグナー《トリスタンとイゾルデ》 が早くも大きな話題となっているが、映像の魔術師の異名をとるロベール・ルパージュ演出による新制作、カイヤ・サーリアホ《遥かなる愛》(12月)など見逃せない作品がずらり。

 新シーズン開幕を今か今かと待ちわびるオペラファンも多いだろうが、そんな方におすすめなのが、今月6日から9月23日まで上映中の「METライブビューイング アンコール2016」。2015/16シーズンの全演目のほか、昨年行われた『METライブビューイング10周年記念「あなたが選ぶベストワン」投票ランキングTOP10』上位に選ばれた《カルメン》《メリー・ウィドウ》《ワルキューレ》(《ニーベルングの指環》四部作)ほか、定番の名作が並ぶ。

《魔笛》 (C)Ken-Howard/Metropolitan-Opera

《魔笛》
(C)Ken-Howard/Metropolitan-Opera

《マノン・レスコー》 (C)Marty-Sohl/Metropolitan-Opera

《マノン・レスコー》
(C)Marty-Sohl/Metropolitan-Opera

《ロベルト・デヴェリュー》  (C)Ken-Howard/Metropolitan-Opera

《ロベルト・デヴェリュー》
(C)Ken-Howard/Metropolitan-Opera

 なかでも《ニーベルングの指環》四部作は、つねに新しいアイデアと独創的な空間デザインで幻想的な舞台を生み出し続けてきたルパージュ作品のなかでも特筆すべきもの。

 ルパージュは、今年日本でも上演中のシルク・ドゥ・ソレイユ最新作『トーテム』(2017年5月まで全国巡演中)の演出家として日本でも広く知られる。2月から始まった東京公演では、5ヶ月間で50万人以上の観客動員数を記録した、また、自身俳優として舞台に立った『887』(6〜7月東京、新潟)では、時間と記憶を巡る自伝的一人芝居を、まったく新しい空間デザインと演劇手法で成功させた。
 クラシックやバレエのファンには、これまでも小澤征爾指揮サイトウ・キネン・フェスティバル松本でのベルリオーズ《ファウストの劫罰》、シルヴィ・ギエム『エオンナガタ』など、オペラやバレエとの協働でも知られる、世界的に最も注目される演出家のひとり。

 そのルパージュが演出を手がけた《ニーベルングの指環》四部作では、フラクタル幾何学を取り入れた空間デザインで、ワーグナーの非現実的な壮大な世界を現実のものとして描き出すという、これまで誰も成しえてこなかった偉業を成し遂げた。

《ラインの黄金》 (C)Ken-Howard/Metropolitan-Opera

《ラインの黄金》
(C)Ken-Howard/Metropolitan-Opera

《ワルキューレ》 (C)Yves-Renaud/Metropolitan-Opera

《ワルキューレ》
(C)Yves-Renaud/Metropolitan-Opera

「私はこれまで多くの演出で火と水を取り入れています。火と水、それがぶつかり合い、共存することで劇的な緊迫感が生まれる。そのことで、人生のドラマを表現できると思う」と語るルパージュだが、オペラに対する想いを次のように語っている。

「現代にはオペラだけでなく、映画やTV、ネットいろいろ楽しい物がある。そのなかでもなぜオペラに高いお金を払わなければならないのか?それは、“イベント”だからです。劇場のなかにはリクスを恐れるあまりノーリスクの伝統的な演目に偏るところもあります。
 いまここでそれを観なければ、絶対観なきゃ、という想いをかき立てるもの、それが“イベント”。イベントであれば、みな高いお金を払ってでも観たい。そういうものを作っていきたい」

 これまでなかなか都合がつかずに劇場に足を運べなかったファンはもちろん、見逃してしまった方や、最近オペラを見始めていろんなものを観てみたいといった方には、絶好の機会だ。

《ジークフリート》 (C)Ken-Howard/Metropolitan-Opera

《ジークフリート》
(C)Ken-Howard/Metropolitan-Opera

■「METライブビューイング アンコール2016」
● 8/6(土)〜9/23(金)
● 劇場 : 東劇
● 料金 : 一般3,100円/学生2,100円
※《ワルキューレ》《ジークフリート》《神々の黄昏》のみ
一般 4,600円 /学生3,200円
http://www.shochiku.co.jp/met/

■「METライブビューイング アンコール2016」最新情報
http://met-live.blogspot.jp/2016/05/metencore2016togeki.html
■「METライブビューイング アンコール2016」チラシ(PDF)
http://www.shochiku.co.jp/met/encore_togeki_2016.pdf

■関西「アンコール2016」8/27(土)〜なんばパークスシネマ&109シネマズHAT神戸
http://met-live.blogspot.jp/2016/05/metencore2016kansai.html
■関西「アンコール2016」チラシ(PDF)
http://www.shochiku.co.jp/met/encore_kansai_2016_.pdf

【関連記事】
●METライブビューイング アンコール上映
https://ebravo.jp/archives/27202
●【動画&写真レポ】ロベール・ルパージュ『887』、いよいよ開幕!
https://ebravo.jp/archives/27525
●シルク・ドゥ・ソレイユ最新作『トーテム』東京公演開幕!
https://ebravo.jp/archives/24265

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 11/13 新居由佳梨(ピアノ) 公演にむけたメッセージ
      on 2019/10/18 at 15:40

      ピアニストの新居由佳梨が、11月13日に東京オペラシティ リサイタルホールでソロとデュオ(共演はチェロの西谷牧人)のリサイタルを開催する。フランクとバッハを核とした内容となっており、今回の公演にあたり、メッセージをいただきました。 【動画メッセージ】新居由佳梨 ピアノリサイタル ぶらあぼ本誌11月号&WEBぶらあぼでもインタビュー記事を公開中。 新居由佳梨(ピアノ) profile 新居由 [&#8230 […]