【DVD】第19回 別府アルゲリッチ音楽祭/アルゲリッチ&小澤征爾&水戸室内管

 小澤指揮水戸室内管とアルゲリッチ——なんともゴージャスなコラボに選ばれた曲は、ベートーヴェンの協奏曲第1番。その指先から生まれる音楽は相変わらず瑞々しい。第1楽章はモーツァルトのように典雅で軽やか、遊び心に富んでいる。第2楽章は一つひとつの音を慈しみながら、甘美な歌を聴かせる。終楽章では音楽が弾み、ことに中間主題はラプソディックな味わいを見せる。各楽器と親密に呼び交わしながらオケを変幻自在に色づけするあたり、さすがの千両役者ぶり。音楽祭の概要を伝えるダイジェスト映像も収録され、90年代にこの地に蒔かれた種が、いま大きく花開いていることを伝えてくれる。
文:江藤光紀
(ぶらあぼ2018年5月号より)

【information】
DVD『第19回 別府アルゲリッチ音楽祭/アルゲリッチ&小澤征爾&水戸室内管』

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番
スカルラッティ:ソナタ ニ短調K.141=L.422
モーツァルト:ディヴェルティメントK.136より第1楽章 他

マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)
小澤征爾(指揮)
水戸室内管弦楽団

収録:2017年5月、iichikoグランシアタ 他(ライヴ)
アルゲリッチ芸術振興財団
AMP-1802 ¥4167+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]