Tag Archive for 大谷康子

文京シビックホール20周年記念公演 オーケストラ・アンサンブル金沢 in Bunkyo

OEKと名手たちが華やかに彩るホールのアニヴァーサリー  文京シビックホールが文京区の音楽文化の中核施設としてオープンして、早くも20年が過ぎた。交通の便に加え、吹奏楽や合唱などどんなタイプの音楽にもしっくりとなじむ音響の良さから、地域の顔としてだけでなく首都圏の拠点としての重要性も増している。  10月のアニヴァーサ…

東日本大震災 復興支援 チャリティコンサート ~クラシック・エイドVol.10~

苦難を超え復興を願う熱いステージ  2011年3月11日に発生した大災害、東日本大震災から9年が経った。近年も大型台風や地震が続き、復興は着実に進められつつも、被災地の傷は完全に癒えていない。ジャパン・アーツ及び所属アーティストたちは、「真の芸術にふれた感動は、人々に生きる力を与えてくれる」という信念のもと、東日本大震…

アーティストメッセージ(10)〜大谷康子(ヴァイオリン)

音楽ファンのみなさまへ  世界中が大変な状況になりました。みなさまも毎日つらいお気持ちで日々心配しながらお過ごしになっていらっしゃることと思います。  見えない敵…怖いウイルスです。  ベートーヴェンは人類愛、友愛を歌い上げました。ベートーヴェン生誕250年の時にこの危機。世界中ケンカなんかしている場合ではないですよね…

平日午後のアプリコ・プレミアムコンサート 大谷康子 ヴァイオリンリサイタル

名手が贈る、明るく優雅な春の午後  1725年製の銘器ストラディヴァリウス「ウィルヘルミ」で紡ぐ、円熟の音色に心を浸したい。音楽への愛情に満ちた温かなプレイで、聴き手に感動と喜びを与え続けて、今年でデビュー45周年の節目を迎えた名ヴァイオリニスト、大谷康子。気鋭のピアニスト、佐藤卓史とともに大田区民ホール・アプリコへ登…

J:COM浦安音楽ホール 2020シーズン 主催公演ラインナップから

浦安でしか聴けないスペシャルな企画にフォーカス 扉の向こうは最高の居心地かつ最良の音響空間  すぐれたホールを訪れると、足を踏み入れた途端に心地よく、聴く前にして音の豊かさが伝わってくる。2017年4月にオープンしたJ:COM浦安音楽ホールはその典型だ。東京ディズニーランドの最寄駅であるJR京葉線の舞浜駅の隣で、JR武…

東日本大震災復興支援チャリティコンサート 〜クラシック・エイドVol.10〜

子どもたちの未来を願い、スター演奏家が一堂に会するステージ  東日本大震災からまもなく9年。ジャパン・アーツとその所属アーティストたちは、「真の芸術にふれた感動は、人々に生きる力を与えてくれる」という信念のもとに復興支援のチャリティコンサートを続けており、昨年のVol.9では約453万円を「公益財団法人みちのく未来基金…

東京フィルハーモニー交響楽団 第2回 渋谷の午後のコンサート。〈歌うヴァイオリン〉

名曲ありトークありのディライトフルなステージ  在京オーケストラの中でも早くから平日昼間のコンサートを行い、多くの音楽ファンを開拓してきた東京フィルハーモニー交響楽団。2019/20シーズンは、平日および週末・休日における午後のコンサート枠をさらに拡大し、定期演奏会に匹敵する選曲と演奏でファンの注目を集めている。  中…

【CD】羽田健太郎:交響曲 宇宙戦艦ヤマト/大友直人&東響

 ハネケンの愛称で親しまれた羽田健太郎が心血を注ぎ、35歳で書き上げた交響曲「宇宙戦艦ヤマト」の新録音が、作曲から35年を経てリリースされた。ヤマトの名場面を彩ったテーマを雄大な管弦楽・伝統的な形式に移しかえた力作を、初演を担当した大友直人がすっきりと再現。イスカンダルのテーマのヴォカリーズは、新時代の歌姫・小林沙羅。…

東京フィルハーモニー交響楽団 渋谷の午後のコンサート。 2019-20シーズン

トーク付きの名曲コンサートを平日昼間に楽しむ好企画  最近、活況を呈しているのが平日昼間のオーケストラ公演。平日夜や週末よりも、平日の昼のほうが出かけやすい。家庭や仕事の事情でそんなライフスタイルを送る人々は決して少なくない。  東京フィルが2019-20シーズンから新たにスタートさせる「渋谷の午後のコンサート。」も平…

軽井沢大賀ホール 2019春の音楽祭

GWはリゾートで上質な音楽に浸るという贅沢    日本が大きな時代の転換期を迎える4月から5月。今年の大型連休をどう過ごそうかと思っている方へ、リゾート地に滞在して毎日を最高級の音楽で楽しむというプランはいかがだろうか。多くの観光客で賑わう軽井沢において、クラシックを中心に多くのコンサートを行ってきた軽井沢大…