Tag Archive for ハンブルク・バレエ団

世界のトップダンサーが集結!〜『第15回世界バレエフェスティバル』会見

 世界の旬のトップダンサーが一堂に集まり開催されるバレエの祭典『世界バレエフェスティバル』(以降、WBF)。8月1日から2週間にわたり繰り広げられる祝祭を前に7月30日、髙橋典夫・日本舞台芸術振興会専務理事、特別協賛の株式会社コーセー 小林一俊・代表取締役社長、現時点で来日している出演ダンサー34名が登壇し、会見が行わ…

男性ダンサーのコメント〜第15回世界バレエフェスティバル

【男性ダンサーのコメント】 *写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 (2018.7/30 東京文化会館 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE) ※女性ダンサーのコメントはこちら マチュー・ガニオ パリ・オペラ座バレエ団 エトワール 4回目の参加となります。私にとって日本に来ることは特別の経験です。 …

女性ダンサーのコメント〜第15回世界バレエフェスティバル

【女性ダンサーのコメント】 *写真をクリックすると拡大写真が表示されます。 (2018.7/30 東京文化会館 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE) ※男性ダンサーのコメントはこちら オレリー・デュポン パリ・オペラ座バレエ団芸術監督  Aプロのみ出演 今回はアラン・ルシアン・オイエンの作品をダニエル・プ…

【会見レポート】ハンブルク・バレエ団日本公演まもなく開幕!

 バレエ界の“生きるレジェンド”、ジョン・ノイマイヤー率いるハンブルク・バレエ団が、2月2日より東京と京都で公演を行う。これに先立ち1月29日、ノイマイヤーと同団プリンシパルのアレクサンドル・リアブコ、アレクサンドル・トルーシュが登壇し、開幕記者会見を行った。 (2018.1/29 東京都内 Photo:J.Otsuk…

ハンブルク・バレエ団 2018年日本公演 作品の見どころ

『椿姫』 『ニジンスキー』ガラ公演〈ジョン・ノイマイヤーの世界〉  “魂のための極上の食事”というものがあるなら、ジョン・ノイマイヤー率いるハンブルク・バレエ団の舞台は、まさにそれだろう。高度な技術で磨かれたダンサーたち、どっしりした全幕作品のボリューム感、振付や演出のすみずみまで行き渡る鋭敏で繊細な感性。舞踊史に残る…

ジョン・ノイマイヤー(ハンブルク・バレエ団芸術監督、振付家)

バレエ界の鬼才が語る3つの傑作、そして現在  現代バレエの振付家のなかでも、ジョン・ノイマイヤーほど人気の高い振付家も少ない。端正で繊細な振付。重層的な構成を持つドラマティックな作品でありながら、難解ではなく、独特の抒情性がやさしく心の琴線に触れてくる。2015年には、現代バレエへの貢献を称えられ、権威ある京都賞が贈ら…

クラシカ・ジャパンが開局20周年を前に、無料放送を実施

 日本で唯一のクラシック音楽専門TVチャンネル「クラシカ・ジャパン」が2018年に開局20周年を迎える。これに先立ち、11月3日から5日まで、大型無料放送「クラシカ音楽祭:クラシカ・ジャパン開局20周年直前特集」を実施する。期間中は「クラシカ・ジャパン」との契約なしで全放送を無料で視聴(*)できる。 (*スカパー!プレ…

ジョン・ノイマイヤーがプレトークを開催〜ハンブルク・バレエ団7年ぶりの日本公演開幕

 ドイツの名門、ハンブルク・バレエ団の7年ぶりの日本公演が3月4日、『リリオム』で開幕した。同団の総裁・芸術監督で振付家のジョン・ノイマイヤーによるプレトークが6日、『リリオム』上演を前に東京文化会館大ホールで行われた。聞き手は評論家の三浦雅士。  この日上演の『リリオム』は、映画『シェルブールの雨傘』等で有名な、映画…

アリーナ・コジョカル(ダンサー)

“今観て美しい”ことの大切さをノイマイヤーから学びました  この人が踊れば、見慣れたはずのヒロイン像が全く新しい輝きと、ときに痛々しいほどの繊細さを伴って立ち上がってくる――。  アリーナ・コジョカルの舞台を観て、そう感じてきた人は多いはずだ。英国ロイヤル・バレエ団時代の、同団の“家の芸”でもある『眠れる森の美女』や『…