男性ダンサーのコメント〜第15回世界バレエフェスティバル

【男性ダンサーのコメント】
*写真をクリックすると拡大写真が表示されます。

(2018.7/30 東京文化会館 Photo:J.Otsuka/Tokyo MDE)

※女性ダンサーのコメントはこちら

マチュー・ガニオ

パリ・オペラ座バレエ団 エトワール

4回目の参加となります。私にとって日本に来ることは特別の経験です。
(WBF創始者の)佐々木さんに特別に思いを馳せたいと思います。

 

 

 

ジェルマン・ルーヴェ(左)

パリ・オペラ座バレエ団 エトワール
初登場

初めて参加することができ、大変嬉しいです。

マチアス・エイマン(右)

パリ・オペラ座バレエ団 エトワール

2回目の参加です。
私も佐々木さんに捧げるものとして特別に思いを馳せたいと思います。

 

ダニエル・プロイエット

ノルウェー国立バレエ団 プリンシパル 
初登場 
Aプロのみ

初参加となり大変嬉しいです。今回オレリー・デュポンと踊る作品はとても大好きで、日本でご紹介できることが今でも信じられません。

 

 

ヴラディスラフ・ラントラートフ

ボリショイ・バレエ プリンシパル

WBFは勉強になる貴重な機会。
皆さまがバレエを愛してくださっていることに感謝したい。

 

 

 

エドウィン・レヴァツォフ

ハンブルク・バレエ団 プリンシパル

日本に来られることは大変嬉しく、WBFに参加できることはとても光栄です。

 

 

 

 
レオニード・サラファーノフ

ミハイロフスキー・バレエ団 プリンシパル

3回目の参加となり、今回も出演できること大変嬉しいです。

 

 

 

 

イサック・エルナンデス

イングリッシュ・ナショナル・バレエ リード・プリンシパル 
初登場

タマラ・ロホと踊る演目を用意しています。初出場ということで日本の皆さまの前で踊りを披露することを非常に楽しみにしています。

 

 

 

ダニエル・カマルゴ

オランダ国立バレエ団 プリンシパル 
初登場

初参加で日本の皆さまの前で踊れることが嬉しいです。

 

 

 

フェデリコ・ボネッリ

英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパル

友人たちとこの2週間、素晴らしい演技ができること、この東京文化会館で踊れることを楽しみにしています。

 

 

 

ダニール・シムキン

アメリカン・バレエ・シアター プリンシパル

WBFは私にとって特別な時間で、プロとして素晴らしいアーティストともに舞台を共有できることを非常にわくわくしています。

 

 

 

デヴィッド・ホールバーグ

アメリカン・バレエ・シアター プリンシパル
初参加

日本には5年ぶりの来日です。今回は初めてオレシア・ノヴィコワさんと踊ります。素晴らしい演技をすることは私の夢の実現ですので、期待していてほしいです。

 

 

 

フリーデマン・フォーゲル

シュツットガルト・バレエ団 プリンシパル

この舞台を非常に楽しみにしてきました。皆さんも同じように期待していただきたいです。

 

 

 

 

ヨハン・コボー

いまフリーダンサーとして売り出し中です(笑)。
日本に戻ってくることは非常に嬉しいことです。今回、アリーナ・コジョカルと踊ります。

 

 

 

 

ロベルト・ボッレ

ミラノ・スカラ座バレエ団 プリンシパル/アメリカン・バレエ・シアター

4度目の参加です。このフェスティバルは素晴らしいダンサーとともに同じ舞台に立てることが楽しみ。皆さんも楽しんでほしいです。

 

 

 

アレクサンドル・リアブコ

ハンブルク・バレエ団 プリンシパル

15回目の来日となります。いつもこの舞台を楽しみにしていますので、今回もわくわくしています。

 

 

 

マルセロ・ゴメス

4度目の参加となります。A・Bプロでは実は1回目の参加の時にも踊ったアレッサンドラ・フェリと、ガラではサラ・ラムと踊ります。世界屈指のダンサーたちとともに踊れること、WBFは特別な舞台ですので、皆さんも楽しみにしていてください。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【残席わずか!】MMM講座「ハプスブルク帝国の威力を、美術、音楽、料理を通して知る」11/29(金)開催
      on 2019/11/22 at 04:45

      「ハプスブルク帝国の威力を、美術、音楽、料理を通して知る」をテーマに 音楽と美術とワインを楽しむ夕べを開催いたします! イベント概要 2019年10月19日(土)から 2020年1月26日(日)まで国立西洋美術館で開催されているハプスブルク展600年にわたる帝国コレクションの歴史」展(DNP協賛)。 今年は日本とオーストリアの国交樹立150周年記念の一年であったため、クリムトなどオーストリアの美術 [&#8230 […]