Tag Archive for ジュゼッペ・サッバティーニ

【CD】太陽と愛/ジュゼッペ・サッバティーニ

 10年ぶりの歌手復帰には驚いた。9〜10月の来日に合わせて、津田ホールでの1994年のライヴの再発。当時36歳。コントラバス奏者だった彼が本格的に声楽に取り組んだのは30歳の頃。2年も経たずにローマやミラノに主役デビューしていったのだからモノがちがう。このライヴも、6年の声楽キャリアとは到底思えない成熟した声を駆使し…

ジュゼッペ・サッバティーニ(テノール/バリトン)

ファンが待ち望んでいた“歌手活動”を再開  ここ10年、指揮活動と声楽アカデミーに専念してきたジュゼッペ・サッバティーニだが、この9月に、歌手復活コンサートとして東京で歌曲リサイタルを開催するという。今回の選曲でまず目を惹くのは、ファリャの「七つのスペイン民謡」。儚げな旋律美を、今のサッバティーニの落ち着いた声音がどう…

ジュゼッペ・サッバティーニ(指揮)

ドン・ジョヴァンニという生き方、その奥底にあるものとは?  世界的なテノーレ・リリコ(抒情的なテノール)として、日本でもたびたび美声を披露しているジュゼッペ・サッバティーニ。現在は指揮者として、欧州各地でプッチーニやマスネ、ベッリーニなどのオペラを振り続ける日々を送っている。その彼が、この夏に藤原歌劇団の本公演に登場し…

サントリーホール2017 リニューアル記念 Reオープニング・コンサート

サントリーホールの新たな幕開けを告げるロッシーニの大作  2017年8月までの改修工事を終え、サントリーホールの新たな幕開けとなる9月1日に、『Reオープニング・コンサート』が開催される。この日のメインプログラムは、ジュゼッペ・サッバティーニが振るロッシーニ「ミサ・ソレムニス(荘厳ミサ曲)」。フル・オーケストラと大合唱…

樋口達哉(テノール)

若くてロマンティックなロドルフォをお聴かせします  日本のオペラ界の最前線をひた走る樋口達哉。1998年にハンガリーでプッチーニ《ラ・ボエーム》のロドルフォ役を歌って欧州デビュー、ミラノ・スカラ座では合唱団員&ソリストとして活動するなど華やかなキャリアの持ち主である。11月のリサイタルは満員となり、この1月には横須賀と…