訃報:ピーター・ゼルキン氏

 現代を代表するアメリカのピアニスト、ピーター・ゼルキン氏が2月1日、ニューヨークの自宅にて膵臓がんのため死去した。72歳。

 1947年生まれ。大ピアニスト、ルドルフ・ゼルキンを父に持ち、母方の祖父も往年の名ヴァイオリニスト、アドルフ・ブッシュという音楽一家に生まれたゼルキンは、父とミエチスラフ・ホルショフスキにピアノを学び、59年、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団と共演しデビューを飾った。以後、小澤征爾、ピエール・ブーレーズら世界的指揮者との共演を重ねた。ソリストとしても活躍する一方で、リチャード・ストルツマンらとメシアンの「世の終わりのための四重奏曲」の演奏を目的として結成した室内楽集団「タッシ TASHI」での活動も話題を呼んだ。レパートリーは幅広く、バッハから20、21世紀の作品まで手がけ、武満徹からも厚い信頼を寄せられていた。75年以来たびたび来日し、2017年には広島交響楽団「平和の夕べ」コンサートにも参加した。

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]