第494回日経ミューズサロン アイレン・プリッチン ヴァイオリン・リサイタル

鬼才も認める逸材がヴェールを脱ぐ

 昨年2月のクルレンツィス指揮ムジカエテルナのサントリーホール公演で、前代未聞の出来事が起きた。前半の演目(管弦楽曲)終了後に、突然コンサートマスターのソロでチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲の第3楽章がアンコールとして演奏されたのだ。ソロは濃厚かつ鮮烈。別公演でコパチンスカヤが弾いた曲を、異なる表現で鮮やかに聴かせた。さらにはイザイまで。満場を仰天させたその奏者アイレン・プリッチンが、3月に日本初リサイタルを行う。実は彼、2014年のロン=ティボー国際コンクールで優勝し、ヴィエニャフスキ、クライスラー等のコンクールでも良績を残した1987年ロシア生まれのソリスト。モスクワ・フィルやロシア国立響等とも共演し、CDもリリースしている。

 ストラヴィンスキー、ブラームス、プロコフィエフ(得意の作曲家)、ラヴェルの作品が並ぶ今回のプログラムは、技術とセンスが問われる好内容。ピアノの共演は長谷川美沙。ここは“オイストラフ以来の天才”と評される逸材の真価を知るために、ぜひ足を運びたい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年3月号より)


*新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、本公演は中止となりました。(3/3主催者発表)
詳細は下記ウェブサイトでご確認ください。

2020.3/11(水)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227 
http://www.nikkei-hall.com

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]