【CD】上原彩子のモーツァルト&チャイコフスキー

 チャイコフスキー国際コンクール優勝から17年を経た上原彩子の、ロシアもの以外の初録音。チャイコフスキーと彼が敬愛したモーツァルトの意味あるカップリングが光っている。「キラキラ星変奏曲」は優しく温かな表現で、母が子に弾いて聴かせるかのよう。ニュアンス豊かで生彩に富んだ「四季」(5、8、10月は特に惹かれる)からモーツァルトの中でもロマン的な「幻想曲ニ短調」への移行も見事で、二人の意外な同質性を実感させられる。「トルコ行進曲付ソナタ」も表情こまやかな佳演。上原が音楽表現に奥行きを加えていることを如実に示す、傾聴すべき一枚だ。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2020年3月号より)

【information】
CD『上原彩子のモーツァルト&チャイコフスキー』

モーツァルト:キラキラ星変奏曲、幻想曲ニ短調、ピアノ・ソナタ第11番「トルコ行進曲付」/チャイコフスキー:四季

上原彩子(ピアノ)

キングレコード
KICC-1501 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]