小林研一郎(指揮) 日本フィルハーモニー交響楽団

信頼厚いコンビならではの“真打ちの名演”

小林研一郎
C)山本倫子

 何度も名演を積み重ねてきて、そのことをだれもが知っていて、それでも期待を上回るような演奏をさらに重ねていく。指揮者と楽曲におけるそんな関係性の代表例が、マエストロ小林研一郎によるスメタナ「わが祖国」である、と言っても過言ではないだろう。チェコをはじめ東欧と関係の深い小林の、自他共に認める得意演目であり、2002年には最高の舞台「プラハの春」オープニング・コンサート(「わが祖国」で開幕するのが恒例)にも登場。日本でもチェコ・フィルとの同演目で会場が沸き上がるような名演を披露、さらには国内の複数のオーケストラでもこの曲を指揮して毎回のように大評判になっている。常に「名演」を期待されながら、それに応え続けてきた。

 この1月には、小林と日本フィルの「わが祖国」が実現する。もとより長年にわたり多くの名作で熱演を積み重ねてきた、深く信頼しあうコンビである。ある意味では“当然のように”特別な演奏が期待される条件がそろったわけだが、おそらく今回もそれを上回るような体験ができるはず。しかも、持ち前の炎のような情熱と、近年の落ち着いた深みが感じられる、予想できるようでできない、今だからこそ聴ける小林の新境地も示されるだろう。

 これまで聴いてきた人にとっても注目の機会なのはもちろんだが、もし「コバケンのわが祖国」を体験したことがなければ、とにかく聴いてほしい公演となる。後に語り継がれるような「真打ちの名演」というものを体験できる機会は、そう多くはない。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2020年1月号より)

第717回 東京定期演奏会
2020.1/17(金)19:00、1/18(土)14:00 サントリーホール
問:日本フィル・サービスセンター03-5378-5911
https://www.japanphil.or.jp

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]