ジュネーヴ国際音楽コンクール作曲部門で髙木日向子が優勝

 ジュネーヴ国際音楽コンクールの作曲部門で、髙木日向子が優勝した。11月8日にステュディオ・エルネスト・アンセルメで行われたファイナルでは、髙木によるオーボエとアンサンブルのための「L’instant」ほか3名の作品が演奏され、審査員長のカイヤ・サーリアホほか、細川俊夫など5名の審査員により審査が行われた。

 髙木は、大阪音楽大学大学院作曲研究室修了。作曲を久保洋子、A.ゴーサン、ピアノを池田寿美子、久保洋子、油井美加子の各氏に師事。京都フランス音楽アカデミーにて、A.ゴーサン、E.タンギーの作曲クラスを修了。2017年には、第86回日本音楽コンクールの作曲部門では、弦楽四重奏とプリペアド・ピアノのための作品で第3位に入賞している。現在、大阪音楽大学・同短期大学部の作曲助手。

Concours de Genève
https://www.concoursgeneve.ch/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]