ジュネーヴ国際音楽コンクール作曲部門で髙木日向子が優勝

 ジュネーヴ国際音楽コンクールの作曲部門で、髙木日向子が優勝した。11月8日にステュディオ・エルネスト・アンセルメで行われたファイナルでは、髙木によるオーボエとアンサンブルのための「L’instant」ほか3名の作品が演奏され、審査員長のカイヤ・サーリアホほか、細川俊夫など5名の審査員により審査が行われた。

 髙木は、大阪音楽大学大学院作曲研究室修了。作曲を久保洋子、A.ゴーサン、ピアノを池田寿美子、久保洋子、油井美加子の各氏に師事。京都フランス音楽アカデミーにて、A.ゴーサン、E.タンギーの作曲クラスを修了。2017年には、第86回日本音楽コンクールの作曲部門では、弦楽四重奏とプリペアド・ピアノのための作品で第3位に入賞している。現在、大阪音楽大学・同短期大学部の作曲助手。

Concours de Genève
https://www.concoursgeneve.ch/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]