藤沢市民オペラ 2018-2020シーズン 《湖上の美人》(演奏会形式)

ベルカントの饗宴! ロッシーニの傑作を日本初演

上段左より:園田隆一郎 ©Fabio Parenzan/森谷真理 ©武藤 章/中島郁子
下段左より:山本康寛/小堀勇介/妻屋秀和

 角笛を模すホルンの音と、仕事に向かう羊飼いたちの声が響きあう夜明け。やがて、霧の中、小舟で湖を渡る美女のしっとりした歌声が聴こえてくると、北の山国の爽やかな涼気がステージをさらっと吹き抜けるよう。まさしく「空気を音で描写する」大作曲家ならではの雄弁な音運びだろう。

 ロッシーニの《湖上の美人》は、1819年にナポリで初演された2幕立てのオペラ。原作は文豪スコットの有名な叙情詩であり、スコットランド国王と高地人の対立を背景に、国王と民衆の首領ロドリーゴの二人から愛される娘エレナが、真に愛する若き武人マルコムと無事結ばれるまでを、国王の寛大な赦しを交えて描いている。エレナはまさしくソプラノのプリマドンナのための役だが、国王と首領はどちらも主役級のテノールが演じ、マルコムはコロラトゥーラに秀でたメゾソプラノが男装して担当。まさしく、「贅沢なキャスティングでこそ成功する」難曲なのである。

 来る12月、演奏会形式でこの名作を日本初演するのが、市民参加型公演の雄たる藤沢市民オペラ。指揮は「我が国のロッシーニの第一人者」と称される園田隆一郎である。老匠ゼッダの愛弟子として、声の技を知り尽くす若きマエストロが、森谷真理(エレナ)、山本康寛(国王ウベルト)、小堀勇介(ロドリーゴ)といった新世代の名手たちが超高音を競い合う第2幕の三重唱をどこまでスリリングに聴かせてくれるか、今から本番が楽しみでしょうがない。
文:岸 純信(オペラ研究家)
(ぶらあぼ2019年11月号より)

2019.12/1(日)14:00 藤沢市民会館
問:藤沢市みらい創造財団 芸術文化事業課0466-28-1135 
https://f-mirai.jp/arts/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 春野菜の焼きそばマエストロ風 | マエストロのレシピ Vol.11
      on 2020/04/22 at 01:32

      text & photos:曽我大介 コロナウィルスなどでなかなか外出しづらい日々が続きますね。こんな時こそ普段やらないような料理をしっかり作って見ませんか? 某中華の名店の真似をした、見た目もダイナミックな焼きそばです。 Vol.11 春野菜の焼きそばマエストロ風 材料(4人前) 焼きそばのあんの材料 野菜(これは一例で、取り合わせは自由に。写真を参照してください) 菜の花ひと束、筍の水煮1パッ […]