川瀬賢太郎(指揮) 神奈川フィルハーモニー管弦楽団

絶好調のコンビが放つ“衝撃的作品”と王道の名曲

川瀬賢太郎
C)Yoshinori Kurosawa

 熱気に満ちた演奏と選曲の面白さで好評を重ねている、常任指揮者の川瀬賢太郎と神奈川フィルハーモニー管弦楽団のコンビ。中でも12月の定期演奏会は、彼らの面目躍如たる考え抜かれたプログラムで話題を集めている。

 最大の注目は、20世紀ドイツのベルント・アロイス・ツィンマーマンの「ユビュ王の晩餐のための音楽」だろう。ルネサンスから自作まで、数世紀に及ぶ多数の作品を徹底的にコラージュして作り上げた傑作にして怪作。何度もニヤリとすること間違いないが、抱腹絶倒とはいかないようなメッセージや苦みも感じられ、特にシュトックハウゼン作品と、ある有名作2曲の旋律で作られた終曲は痛烈。川瀬の作りあげる強烈な音響でこそ体感したい衝撃的作品だ。

 もうひとつの注目は、ムソルグスキー「展覧会の絵」をレオポルド・ストコフスキー編曲版で聴けること。近年演奏機会が少しずつ増えているのがこのストコフスキー版で、著名なラヴェル版とは全く違うアプローチから、この名曲の新たな魅力を発見できるはず。

 コンサート冒頭は、ワーグナー《ニュルンベルクのマイスタージンガー》第一幕への前奏曲。唯一の“オリジナル作品”で、王道ともいえる輝かしいオーケストラの響きを堪能できる。ただし「ユビュ王」では、この前奏曲と「展覧会の絵」の一節もそれぞれ引用されていて、コンサート全体を通して聴衆に与える歪んだインパクトはいかばかりか。川瀬と神奈川フィルの快演(怪演?)で聴けるのが楽しみでならない。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2019年11月号より)

定期演奏会 みなとみらいシリーズ 第354回
2019.12/6(金)19:00、12/7(土)14:00 横浜みなとみらいホール
問:神奈川フィル・チケットサービス045-226-5107 
https://www.kanaphil.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]