亀井聖矢が第43回ピティナ・ピアノコンペティション特級グランプリ受賞

表彰式から 
左より:江口文子(審査委員長)、角野隼斗(2019年特級グランプリ)、亀井聖矢、出井伸之(ピティナ会長)

 8月22日、サントリーホールで開催された第43回ピティナ・ピアノコンペティション特級ファイナルの結果が翌23日に発表され、亀井聖矢がグランプリを獲得した。また来場者の投票で決まる「聴衆賞」でも、他の出場者に大差をつけて第1位に選ばれた。結果は以下の通り。

グランプリ:亀井聖矢(桐朋学園大学1年)
銀賞:黒木雪音(昭和音楽大学3年)
銅賞:秋山紗穂(東京藝術大学4年)
入選:沢田蒼梧(名古屋大学医学部3年)

 同コンペティションは、世界最大級の規模を誇るピアノコンクールで、今年は全3部門23の級に延べ約45,000組が参加した。

 特級ファイナルでサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番を弾き、グランプリに輝いた亀井は、2001年生まれの17歳。全日本学生音楽コンクール全国大会ピアノ部門高校の部第1位入賞。愛知県立明和高等学校音楽科を経て、19年飛び入学特待生として桐朋学園大学に入学。現在桐朋学園大学1年在学中。上野久子、岡本美智子、長谷正一に師事。

 亀井には、褒賞総額120万円および聴衆賞100万円、文部科学大臣賞、スタインウェイ賞、海外(ウィーン、ポーランド)を含む褒賞演奏会の機会が与えられる。

ピティナ・ピアノコンペティション
https://compe.piano.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]