第62回ブゾーニ国際ピアノコンクールで桑原志織が第2位入賞

 イタリア北部のボルツァーノで行われていた第62回ブゾーニ国際ピアノコンクールで、桑原志織が第2位に入賞した。優勝は、ブルガリアのEmanuil Ivanov。桑原は、ブゾーニ作品の最優秀演奏者賞も併せて受賞した。

 桑原は1995年東京生まれ。2016年には、マリア・カナルス国際コンクールで、17年にはヴィオッティ国際音楽コンクールでそれぞれ第2位に入賞している。18年に東京藝術大学を卒業後、現在はベルリン芸術大学大学院で学んでいる。

Ferruccio Busoni International Piano Competition
https://www.concorsobusoni.it/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 美少年と貴婦人、その甘く苦い関係 | 萌えオペラ 第4回 リヒャルト・シュトラウス《ばらの騎士》
      on 2019/09/20 at 23:30

      text:室田尚子 illustration:桃雪琴梨 前回ご紹介したズボン役の代表であるモーツァルト《フィガロの結婚》のケルビーノ。彼が誕生してから100年以上を経て、オペラ史に名を残すもうひとりのズボン役が登場します。その名はロフラーノ伯爵オクタヴィアン。18世紀マリア・テレジア治世下のウィーンを舞台にしたリヒャルト・シュトラウスの《ばらの騎士》のタイトルロールです。年齢は17歳。若くして爵位 [&#8230 […]