横須賀芸術劇場リサイタル・シリーズ56 ギター・カルテット〜福田進一と仲間たち〜

4人で拓く、より新鮮で豊かなフィールド

福田進一
C)Takanori Ishii

 ギター・カルテットは世界的な潮流となり、日本でも若い世代のグループが増えている今。そのリーダー格として俊英ギタリストたちを率い、演奏の可能性やレパートリーの拡大をし続けているのが福田進一だ。ソリストとして活躍中のギタリストたちが彼のもとへ集い、異なる顔ぶれでカルテットを組むコンサートも日本全国で行われているが、10月6日に神奈川のよこすか芸術劇場で行われるコンサートには、鈴木大介、村治奏一、朴葵姫の3人が集合。4人での演奏はもちろん、ソロ、デュオ、トリオといったフレキシブルな編成により、ギター・アンサンブルの多彩なサウンドがホールの空間に広がる。

 演奏が予定されているのはバッハやピアソラ、ギターの名曲であるタレガの「アルハンブラの思い出」、さらにはギター・カルテットの定番になっているビゼーの「カルメン組曲」や、深まる秋にぴったりなブラームスの室内楽曲など。ギター音楽ファンは休日の横須賀へ。
文:オヤマダアツシ
(ぶらあぼ2019年9月号より)

2019.10/6(日)15:00 よこすか芸術劇場
問:横須賀芸術劇場046-823-9999 
https://www.yokosuka-arts.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]