フィリップ・フォン・シュタイネッカー(指揮) 東京都交響楽団

生誕200年に両雄の真価を再発見!


 これまで“スッペとオッフェンバックだけの定期演奏会”があっただろうか? 都響の10月C定期は、この喜歌劇の2大作曲家の生誕200年を記念したプログラム。都響の立体的かつ豊穣なサウンドで、“楽しく美しい”両者の名曲を見直す、妙味十分のコンサートだ。

 指揮はドイツの逸材フィリップ・フォン・シュタイネッカー。アバドの薫陶を受けた彼は、オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティーク、マーラー室内管等のチェロ奏者を歴任後、ピリオド楽器オーケストラ「ムジカ・セクロルム」を創立し、各地のオーケストラや歌劇場でも実績をあげている。《軽騎兵》《美しきガラテア》《天国と地獄》序曲などは小品として軽く流されがちだが、ここは、古楽やオペラに通じた指揮者ならではの新鮮なアプローチで、各曲の真の魅力を生き生きと伝えてくれるに違いない。

 そして大きな目玉が、オッフェンバックのチェロ協奏曲の日本初演。チェロの名手として活躍していた若き日に書かれ、小太鼓が活躍する曲調から「軍隊風」と呼ばれる本作は、まさしくオペレッタのように華やかで変化に富んでおり、しかも技巧的な見せ場が満載されているので、聴けば誰もが楽しめる。ソロを弾くエドガー・モローは、1994年パリ生まれの俊英。チャイコフスキー・コンクール第2位ほか多数の賞を獲得し、ゲルギエフ、ソヒエフ等と共演している。本作は最新CDに録音し、鮮烈なソロを聴かせているだけに期待大。特に今回はチェロ奏者出身の指揮者のサポートも心強い。

 耳も心も愉しい午後のひとときを、存分に満喫しよう!
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年8月号より)

第887回 定期演奏会 Cシリーズ
2019.10/2(水)14:00 東京芸術劇場 コンサートホール
問:都響ガイド0570-056-057 
https://www.tmso.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]