わくわくブラス! at 横浜音祭り2019

プロとアマチュアたちが席を並べ繰り広げる熱いアンサンブル

 昨年好評を博した、横浜みなとみらいホールの「わくわくブラス!」が帰ってくる。公募で集まった「腕自慢部門」(オーディション)と「やったことある部門」(抽選)合計36人のアマチュア・プレイヤーたちが、トップ・プロの「ぱんだウインドオーケストラ」(横山奏指揮)とともに、パート別の個別練習から始めてステージで共演するという夢企画。でも「プロがアマチュアに教えてあげる」という単純な図式から一歩踏み込んで、プロもアマのエネルギーを浴び、今年もコンサートでは予測不能の化学反応が起こりそうだ。昨年は司会の竹平晃子アナウンサーもサックスで演奏に参加するなど、実に温かい空気がホールに充満した。今年はさらに、名曲「カンタベリー・コラール」ほかを、作曲者ヤン・ヴァン=デル=ローストが指揮するというのも、吹奏楽ファン・関係者にとって必見・必聴の、垂涎もののプレゼントになる。吹奏楽をやる人も聴く人も、横浜に集まれ!
文:宮本 明
(ぶらあぼ2019年9月号より)

2019.9/22(日)16:00 横浜みなとみらいホール
問:横浜みなとみらいホールチケットセンター045-682-2000 
https://yokooto.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]