わくわくブラス! at 横浜音祭り2019

プロとアマチュアたちが席を並べ繰り広げる熱いアンサンブル

 昨年好評を博した、横浜みなとみらいホールの「わくわくブラス!」が帰ってくる。公募で集まった「腕自慢部門」(オーディション)と「やったことある部門」(抽選)合計36人のアマチュア・プレイヤーたちが、トップ・プロの「ぱんだウインドオーケストラ」(横山奏指揮)とともに、パート別の個別練習から始めてステージで共演するという夢企画。でも「プロがアマチュアに教えてあげる」という単純な図式から一歩踏み込んで、プロもアマのエネルギーを浴び、今年もコンサートでは予測不能の化学反応が起こりそうだ。昨年は司会の竹平晃子アナウンサーもサックスで演奏に参加するなど、実に温かい空気がホールに充満した。今年はさらに、名曲「カンタベリー・コラール」ほかを、作曲者ヤン・ヴァン=デル=ローストが指揮するというのも、吹奏楽ファン・関係者にとって必見・必聴の、垂涎もののプレゼントになる。吹奏楽をやる人も聴く人も、横浜に集まれ!
文:宮本 明
(ぶらあぼ2019年9月号より)

2019.9/22(日)16:00 横浜みなとみらいホール
問:横浜みなとみらいホールチケットセンター045-682-2000 
https://yokooto.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]