【CD】Viaggio/Barchetta

 トランペットとギター。佐藤秀徳と佐藤紀雄によって2016年に結成された「Barchetta」は、デュオとしては異色な両楽器からどのような音世界が生まれるか興味津々だが、本デビューアルバムを聴くとお互いが親密に寄り添って静謐な空気が醸成されるその感覚が実に独特だ。佐藤秀徳のトランペットは模範的なレガートと稀有な音色を持ち、それが「美しき夕べ」や「カヴァティーナ」などで十全に発揮される。佐藤紀雄も単にそれを装飾するに留まらない深みあるサポートを聴かせて絶品。今「サポート」とは書いたが、お互いの音楽的な表現は対等で、主従はない。これもまた稀有。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年9月号より)

【information】
CD『Viaggio/Barchetta』

ファリャ:7つのスペイン民謡/渡辺裕紀子:バルケッタ/ドビュッシー:美しき夕べ/ダウランド:涙のパヴァーヌ/武満徹(渡辺裕紀子編):翼/中村八大(Momo編):上を向いて歩こう/マイヤーズ:カヴァティーナ/ヒナステラ:「エスタンシア」より小麦のダンス 他

Barchetta【佐藤秀徳(トランペット) 佐藤紀雄(ギター)】

コジマ録音
ALCD-7238 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]