ハーモニーホール座間オペラ合唱団ワークショップ参加作品 歌劇《トスカ》

第一線の歌手陣と気鋭のスタッフが集結し作り上げる熱き舞台

 自然に囲まれた好立地に建つ、本格的なクラシック・ホールで上演される、イタリア・オペラの巨匠プッチーニの人気作品。ソリスト陣は昨年9月に行われたオーディションによって選ばれた精鋭たち。トスカ役の中村真紀(ソプラノ)もカヴァラドッシ役の宮里直樹(テノール)も近年活躍めざましい若手、スカルピアを存在感のあるバリトン役で定評のある上江隼人が演じるのも楽しみだ。演奏は、2010年設立の新しい団体ながら、壮大なドラマを牽引すると評判のテアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ。そして座間市を中心に一般市民が集い、ワークショップで練習を重ねてきた、ノヴェッラ合唱団&ノヴェッラ児童合唱団は、昨年上演のドニゼッティ《愛の妙薬》が圧巻だっただけに今回も期待が膨らむ。指揮は才気溢れる瀬山智博が担当。加えて、前公演で演出家デビューを果たした古川寛泰、気鋭のコレペティトール・河原義と熱いスタッフが再び集結。9月1日、オペラ・ファンは座間に向かえ!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年8月号より)

2019.9/1(日)14:00 ハーモニーホール座間
問:ハーモニーホール座間046-255-1100
http://www.ny.airnet.ne.jp/harmony/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)ロング・インタビュー Part2
      on 2019/12/06 at 01:43

      interview & text :小室敬幸 photos:野口 博 NHK交響楽団首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィに話をうかがうロング・インタビュー。後半戦はN響とのレコーディングや、2020年2〜3月に控えたヨーロッパツアーについて、じっくりと語っていただく。 ── パーヴォさんの指揮するN響のCDのなかで、バルトークにとりわけ強い感銘を受けました。これまでに発売されたもののなかでは唯一、完全にロ [&#8230 […]