ハーモニーホール座間オペラ合唱団ワークショップ参加作品 歌劇《トスカ》

第一線の歌手陣と気鋭のスタッフが集結し作り上げる熱き舞台

 自然に囲まれた好立地に建つ、本格的なクラシック・ホールで上演される、イタリア・オペラの巨匠プッチーニの人気作品。ソリスト陣は昨年9月に行われたオーディションによって選ばれた精鋭たち。トスカ役の中村真紀(ソプラノ)もカヴァラドッシ役の宮里直樹(テノール)も近年活躍めざましい若手、スカルピアを存在感のあるバリトン役で定評のある上江隼人が演じるのも楽しみだ。演奏は、2010年設立の新しい団体ながら、壮大なドラマを牽引すると評判のテアトロ・ジーリオ・ショウワ・オーケストラ。そして座間市を中心に一般市民が集い、ワークショップで練習を重ねてきた、ノヴェッラ合唱団&ノヴェッラ児童合唱団は、昨年上演のドニゼッティ《愛の妙薬》が圧巻だっただけに今回も期待が膨らむ。指揮は才気溢れる瀬山智博が担当。加えて、前公演で演出家デビューを果たした古川寛泰、気鋭のコレペティトール・河原義と熱いスタッフが再び集結。9月1日、オペラ・ファンは座間に向かえ!
文:東端哲也
(ぶらあぼ2019年8月号より)

2019.9/1(日)14:00 ハーモニーホール座間
問:ハーモニーホール座間046-255-1100
http://www.ny.airnet.ne.jp/harmony/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • プッチーニ《蝶々夫人》 | 岸純信のオペラ名作早わかり 〜新時代のオペラ作品ガイド 第3回 
      on 2019/08/18 at 22:30

      text:岸 純信(オペラ研究家) 【あらすじ】 明治期の長崎を舞台に、大和撫子の蝶々さんが米国海軍士官のピンカートンと結ばれるが、帰国した夫はアメリカ人と結婚。彼を待ち続けた蝶々さんは、軍艦が戻ってきたその日、子どもも手放すよう言われて「抗議の死」を選ぶという悲劇の物語。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 《蝶々夫人 Madama Butterfly》は、日本人に「日本の美学を改 [&#8230 […]