【SACD】ハイドン:交響曲集Vol.8 第60番「うっかり者」、第54番/飯森範親&日本センチュリー響

 飯森範親と日本センチュリー交響楽団のハイドン全集第8弾。ハイドン42歳のオペラ時代の交響曲2曲。モダン楽器にピリオド奏法を加味した演奏は爽やかで美しい。チェンバロも付く。第60番は「うっかり者」という劇の音楽から取られて、その副題を持つ。6楽章構成で、トランペット、ティンパニの華やかな音色が特徴的である。通常の4楽章の後に、短い「悲歌」と終曲があり、後者にはおどけた調弦の仕草まである。第54番の緩徐楽章は20分近い異例の長さ。前半後半とも反復されるので形式の見通しは明快。反復ではソロ楽器のカデンツァも変更され、アイディア豊富で楽しめる。
文:横原千史
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【information】
SACD『ハイドン:交響曲集Vol.8 第60番「うっかり者」、第54番/飯森範親&日本センチュリー響』

ハイドン:交響曲第60番「うっかり者」・第54番

飯森範親(指揮)
日本センチュリー交響楽団

収録:2017年8月、いずみホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00697 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]