【SACD】ハイドン:交響曲集Vol.8 第60番「うっかり者」、第54番/飯森範親&日本センチュリー響

 飯森範親と日本センチュリー交響楽団のハイドン全集第8弾。ハイドン42歳のオペラ時代の交響曲2曲。モダン楽器にピリオド奏法を加味した演奏は爽やかで美しい。チェンバロも付く。第60番は「うっかり者」という劇の音楽から取られて、その副題を持つ。6楽章構成で、トランペット、ティンパニの華やかな音色が特徴的である。通常の4楽章の後に、短い「悲歌」と終曲があり、後者にはおどけた調弦の仕草まである。第54番の緩徐楽章は20分近い異例の長さ。前半後半とも反復されるので形式の見通しは明快。反復ではソロ楽器のカデンツァも変更され、アイディア豊富で楽しめる。
文:横原千史
(ぶらあぼ2019年8月号より)

【information】
SACD『ハイドン:交響曲集Vol.8 第60番「うっかり者」、第54番/飯森範親&日本センチュリー響』

ハイドン:交響曲第60番「うっかり者」・第54番

飯森範親(指揮)
日本センチュリー交響楽団

収録:2017年8月、いずみホール(ライヴ)
オクタヴィア・レコード
OVCL-00697 ¥3200+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]