小林 桂(ジャズ・ヴォーカル) メジャーデビュー20周年記念コンサート

天才ジャズ・ヴォーカリストの現在を聴く


 1999年、弱冠20歳でリリースしたアルバム『ソー・ナイス』が大きな話題となり、以後破竹の勢いで国内のジャズ賞を総なめにしながら大活躍を続け、今や我が国を代表する男性ジャズ・ヴォーカリストとなった小林桂。その小林が、メジャーデビュー20周年記念コンサートをおこなう。

 コンサートで歌われるのは、〈フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン〉〈スウィングしなけりゃ意味ないね〉〈マイ・ファニー・ヴァレンタイン〉など、超有名なスタンダード・ナンバーの数々で、そこでは、曲本来の魅力を1ミリも損なうことなく、同時に自分の個性を盛り込んでいくという小林の真骨頂がたっぷりと味わえるはず。また共演も、最近作『スタンダードⅡ』からのレギュラー・メンバーで、気心が知れているからこそのスリリングかつインティメイトなステージが繰り広げられることはまちがいない。瑞々しさと成熟が美しく共存する、今しかきけない小林桂。きき逃すと損しますよ。
文:藤本史昭
(ぶらあぼ2019年7月号より)

第487回 日経ミューズサロン
小林 桂(ジャズ・ヴォーカル) メジャーデビュー20周年記念コンサート
2019.8/2(金)14:00 18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227 
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勉強することが好き。調べることが好き〜アマランタをめぐって| ヴィタリの心の歌 第6回
      on 2020/01/24 at 02:49

      F.P.トスティの作品は歌曲だけでも350以上です。あるインタビューのときに「トスティの歌曲の魅力、彼の特徴は何ですか?」と聞かれて、私はすぐに答えました。「トスティの歌曲の中で美しくない曲はありません」。 もちろん、「ラ・セレナータ」「マレキアーレ」など、カンツォーネのような曲が一番知られているけれど、トスティの素晴らしい才能をきちんと理解するためには彼の芸術歌曲を聴いた方がいいと思います。特に [&#8230 […]