【SACD】ザレンプスキ:ピアノ作品集/江崎昌子

 江崎昌子はポーランドの作曲家の作品のスペシャリストとして活動の幅を広げ続けるピアニスト。輝きと豊かな響きに満ちた音色によって多くの作品を美しく彩り、自然かつ表情豊かなルバートは、作品の隠された魅力を引き出している。そんな彼女が今回リリースしたのはポーランドの知られざる作曲家、ザレンプスキ。彼の作品は先輩であるショパン、師であるリストの影響を受け、ポーランドの土の香りのする民俗色と共に華麗なピアニズムが光る。特に魅力的なのは印象的なタイトルの「バラと棘」。静と動のコントラスト、そして超絶技巧が駆使され、この作曲家の多面性が味わえる。
文:長井進之介
(ぶらあぼ2019年7月号より)

【Information】
SACD『ザレンプスキ:ピアノ作品集/江崎昌子』

ユリウシュ・ザレンプスキ:グランド・ポロネーズ、5つの即興曲「バラと棘」、ポーランド組曲、タランテラ、子守歌

江崎昌子(ピアノ)

オクタヴィア・レコード
OVCT-00162 ¥2500+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]