第145回 スーパー・リクライニング・コンサート 田中拓也 & 本堂 誠 サクソフォン・デュオ リサイタル

鮮烈にして心地よい音に浸る1時間

 リラックスした1時間を過ごせるHakuju Hallの「スーパー・リクライニング・コンサート」に、とびきりのサクソフォン・デュオが登場する。日本管打楽器コンクール第25回優勝の田中拓也と、第34回優勝の本堂誠。共に東京藝大出身で、革新的グループ、ブルーオーロラ サクソフォン・カルテットでも活躍する2人だ。田中は、2014年アドルフ・サックス国際コンクールで入賞し、同楽器で初めて「紀尾井ホール ニューアーティスト・シリーズ」に出演。パリ音楽院でも学んだ本堂は、3つの国際コンクールで優勝し、CD『BARITONISM』が18年度レコード・アカデミー賞を受賞して話題を呼んだ。

 今回の演目は、「愛の挨拶」「アルルの女」等のクラシック名曲から映画音楽、ジャズまで親しみやすさ満点(ピアノの共演は弘中佑子)。日本のサクソフォン界は世界トップ級だし、2人は表現力が豊かで、“楽器”よりも“音楽”を奏でる点が素晴らしい。ここは、ジューシーなサクソフォンのブレンド音と鮮やかな演奏を浴びながら、愉しくリラックスしたい。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年5月号より)

2019.5/29(水)15:00 19:30 Hakuju Hall
問:Hakuju Hallチケットセンター03-5478-8700
https://www.hakujuhall.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]