小井土文哉がヘースティングズ国際ピアノ協奏曲コンクールで優勝

 ピアニストの登竜門として知られる、イギリスのヘースティングズ国際ピアノ協奏曲コンクールが2月21日から3月2日まで行われ、小井土文哉(こいどふみや)がラヴェルのピアノ協奏曲を弾き、第1位を獲得した。小井土は賞金1万5千ポンドと共にロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と共演する権利を得た。

 1995年生まれ。岩手県釜石市出身の23歳。桐朋学園大学を卒業後、現在は同大学ソリスト・ディプロマコースに在籍。昨年には第87回日本音楽コンクールでも優勝している。

Hastings International Piano Concerto Competition
https://hastingsconcertocompetition.co.uk/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]