梶本眞秀がフランス芸術文化勲章コマンドゥールを受章

梶本眞秀
写真提供:KAJIMOTO

 KAJIMOTO代表取締役社長の梶本眞秀が、フランスの芸術文化勲章の最高位となるコマンドゥールを受章した。1957年に創設された芸術文化勲章は、フランス共和国文化通信省より与えられる勲章で、日本におけるフランス文化の紹介者、普及の実務者、あるいは支援した人が叙勲の対象となる。パリで開催された文化芸術イベント「ジャポニスム2018」への制作協力や、長年にわたり日本におけるフランス文化芸術の普及に貢献したことが評価され、今回の受章となった。

 梶本は、1951年兵庫県生まれ。大学卒業後、ポピュラー音楽の仕事に携わった後、梶本音楽事務所に入社。92年、同・代表取締役社長に就任。海外トップ・アーティストや楽団を招聘するとともに、数多くの優れた日本の演奏家を国内外に広く紹介している。

KAJIMOTO
http://www.kajimotomusic.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]