第484回 日経ミューズサロン ラルフ・ゴトーニ スペシャル・ピアノ・トリオ

フィンランドと日本の名手が醸し出す三重奏の極致

左より:ラルフ・ゴトーニ、マーク・ゴトーニ、水谷川優子 ©sakiko nomura

 
 フィンランドを代表するピアノの名手であり、世界の一流オーケストラのシェフとしても高く評価されるラルフ・ゴトーニ。そんな彼が、並々ならぬ思いを込めて結成した“究極のピアノ三重奏団”が日本へ初上陸し、室内楽の真髄というべき、名演を紡ぎ出す。
 彼がメンバーに選んだのは、チューリヒ室内管などのコンサートマスターを歴任、ベルリン芸大教授を務め、昨年にはオーパス・クラシック賞の初の受賞者となるなど、気鋭のヴァイオリニストとして活躍する息子のマーク・ゴトーニ。そして、名指揮者・近衞秀麿を祖父に持ち、国際的に活躍するチェリストの水谷川優子だ。
 彼らは結成から15年以上をかけ、欧州から中東そしてアジアなど世界中を巡っており、ミューズサロンのステージは日本とフィンランドの外交樹立100周年を彩るものともなる。愛称のついたベートーヴェンのピアノ三重奏曲の傑作、第4番「街の歌」と第5番「幽霊」に、20世紀の室内楽史に大きな足跡を残す、沈痛な雰囲気に満ちたショスタコーヴィチの同第2番を挟み込む。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2019年4月号より)

2019.5/7(火)18:30 日経ホール
問:日経公演事務局03-5227-4227
http://www.nikkei-hall.com/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 映画『蜜蜂と遠雷』特集 | 直木賞作家・恩田 陸 インタビュー(2)
      on 2019/09/12 at 22:30

      interview & text:オヤマダアツシ photos:M.Otsuka/Tokyo MDE ピアノコンクールを巡るさまざまなことを克明に描く中で、音楽のもつ限りないパワーや、人の心の機微などを描いた『蜜蜂と遠雷』。原作者である恩田陸も絶賛する映画化が実現し、主要キャストである4人の俳優、さらにはそれぞれの演奏を担当したピアニストたちが早くも注目を集めている。後半では映画についての印象をお [&#8230 […]