【CD】フランク&ヴィエルヌ ヴァイオリン・ソナタ集/イブラギモヴァ&ティベルギアン

全編期待を裏切らぬ出来栄え。フランクは特に第1楽章が秀逸で、ゆったりと間を取ったティベルギアンの幻惑的な前奏に続き、イブラギモヴァが放つ香気漂う音色が素晴らしい。この楽章全体でデュナーミクをかなり抑え気味にしているが、終始ノーブルな表情を纏ったその演奏はあらゆる同曲の演奏中でも最高位に置かれるべきもの。本CDでもう1つの柱となるのがフランクの影響をも感じさせるヴィエルヌのソナタだが、こちらは逆に劇的で非常にスケールが大きい。これら大曲2曲を挟んで最初と最後に置かれたイザイとブーランジェは、サロン風の甘さとそれだけでない深みもある佳品。選曲も良い1枚。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年4月号より)

【Information】
CD『フランク&ヴィエルヌ ヴァイオリン・ソナタ集/イブラギモヴァ&ティベルギアン』

イザイ:悲歌的な詩/フランク:ヴァイオリン・ソナタ/ヴィエルヌ:同/ブーランジェ:ヴァイオリンとピアノのための夜想曲

アリーナ・イブラギモヴァ(ヴァイオリン)
セドリック・ティベルギアン(ピアノ)

Hyperion/東京エムプラス
PCDA68204 ¥2857+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]