【CD】フランク&ヴィエルヌ ヴァイオリン・ソナタ集/イブラギモヴァ&ティベルギアン

全編期待を裏切らぬ出来栄え。フランクは特に第1楽章が秀逸で、ゆったりと間を取ったティベルギアンの幻惑的な前奏に続き、イブラギモヴァが放つ香気漂う音色が素晴らしい。この楽章全体でデュナーミクをかなり抑え気味にしているが、終始ノーブルな表情を纏ったその演奏はあらゆる同曲の演奏中でも最高位に置かれるべきもの。本CDでもう1つの柱となるのがフランクの影響をも感じさせるヴィエルヌのソナタだが、こちらは逆に劇的で非常にスケールが大きい。これら大曲2曲を挟んで最初と最後に置かれたイザイとブーランジェは、サロン風の甘さとそれだけでない深みもある佳品。選曲も良い1枚。
文:藤原 聡
(ぶらあぼ2019年4月号より)

【Information】
CD『フランク&ヴィエルヌ ヴァイオリン・ソナタ集/イブラギモヴァ&ティベルギアン』

イザイ:悲歌的な詩/フランク:ヴァイオリン・ソナタ/ヴィエルヌ:同/ブーランジェ:ヴァイオリンとピアノのための夜想曲

アリーナ・イブラギモヴァ(ヴァイオリン)
セドリック・ティベルギアン(ピアノ)

Hyperion/東京エムプラス
PCDA68204 ¥2857+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]