第13回現代音楽演奏コンクール“競楽ⅩⅢ”本選会結果

 日本現代音楽協会が主催する第13回現代音楽演奏コンクール“競楽XIII”本選会(審査委員長:近藤譲)が2018年12月16日に渋谷区のけやきホールにて行われ、順位と各賞の受賞者が発表された。

第1位 白小路紗季(ヴァイオリン)
第2位 栗山沙桜里(ピアノ)
第3位 池永健二(打楽器)/薬師寺典子(ソプラノ)
入選 鈴木友裕(ピアノ)/土橋庸人(ギター)/前田啓太(打楽器)/中村栄宏(リコーダー)
審査委員特別奨励賞 土橋庸人(ギター)
聴衆賞 中村栄宏(リコーダー)

 戦後に作曲された現代音楽作品の演奏を競う同コンクールには今回、全57組が参加。白小路はイェルク・ヴィトマンのエチュード第6番「サロメの子守歌」を演奏し、見事第1位に入賞した。

日本現代音楽協会
http://www.jscm.net/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ジャズとクラシックのハネムーン| クラシック・ファンのためのJazz入門 第5回
      on 2019/12/13 at 01:00

      text:藤本史昭 ところで、ジャズとクラシックは相反する音楽…そういう印象を持っている方は、実は少なくないのではないでしょうか。かくいう僕も、「その相反するものも、実はこんなにうまく混淆してますよ」ということを言いたいがためにこの連載を始めたわけで、つまりは自分の中にもそういう思いが潜在的にあるのかもしれません。 そのように考えてしまう最大の理由はやはり、クラシックが(基本的には)書かれた音を再 [&#8230 […]