【CD】オーボエとイングリッシュホルンのために/池田昭子&金子亜未&和久井仁

N響の奏者2人と弟子にあたる新日本フィル首席奏者のトリオによる初のCD。ベートーヴェンの2曲を含む全てがオーボエ2本+イングリッシュホルンのオリジナル作品だが、この編成の曲がこれだけ書かれている事実を充分納得させる好アルバムだ。冒頭のカーの作品から妙なる音色とその交錯に引き込まれ、ボザの作品のまさに牧童の笛の如き素朴な味わいや、ブレイクの作品のリズムと絡み合いが実に愉しい。ベートーヴェンの2曲も密度の濃い演奏で、驚くほど自然な“楽の音”に酔わされる。オーボエ愛好家以外の人も、楽しみながら新たな世界を知り得る1枚。
文:柴田克彦
(ぶらあぼ2019年1月号より)

【information】
CD『オーボエとイングリッシュホルンのために
/池田昭子&金子亜未&和久井仁』

カー:3人の奏者のための3つの小品/ボザ:プロヴァンスの羊飼いたち/ブレイク:2本のオーボエとイングリッシュホルンのための組曲/ジェイコブ:2つの小品/ベートーヴェン:三重奏曲、モーツァルト《ドン・ジョヴァンニ》の〈お手をどうぞ〉の主題による変奏曲

池田昭子 金子亜未(以上オーボエ)
和久井仁(イングリッシュホルン)

マイスター・ミュージック
MM-4045 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]