紀尾井ホール室内管弦楽団によるアンサンブル4 ハッピー☆MOKU5アワー

管楽器の名手たちが贈る極上のエンタテインメント


 紀尾井ホール室内管弦楽団のメンバーによる室内楽公演第4弾。その名も「ハッピー☆MOKU5アワー」と、ワクワク気軽に楽しめるエンタテインメントの予感を濃厚に漂わせる音楽会だ。
 「MOKU5」は、お察しのとおり木管五重奏のこと。難波薫(フルート)、池田昭子(オーボエ)、勝山大舗(クラリネット)、岩佐雅美(ファゴット)、日橋辰朗(ホルン)の5人の精鋭たちによる、五重奏を中心に二重奏からピアノ(鈴木慎崇)を含む六重奏まで、極上の木管アンサブルにたっぷり浸る一夜だ。二人のマドンナ、難波と池田が、2018年度からの紀尾井ホール室内管の新メンバー、勝山、岩佐、日橋の3人をお披露目するという図式でもある。
 リーダー格の池田を中心に、全員で額を突き合わせて決めたという選曲の前半は「オペラ」がキーワード。おなじみのナンバーの編曲による《こうもり》序曲(五重奏)、《魔笛》より(フルート、オーボエ)、《カルメン》組曲(五重奏)、そしてロッシーニのオリジナルの木管四重奏曲第1番(フルート、クラリネット、ホルン、ファゴット)。後半は瀟洒な愛らしいフランス音楽。エキゾティックなルーセル「ディヴェルティスマン op.6」(五重奏+ピアノ)、人気曲ミヨー「ルネ王の暖炉」(五重奏)に、ラヴェルの「マ・メール・ロワ」(五重奏+ピアノ)。
 トークも交えてのなごやかな雰囲気のなか、メンバーたちの素顔も見えてきそうだ。“木5”だけれどコンサートは“火7”。予定表にチェックをお忘れなく!
文:宮本 明
(ぶらあぼ2019年1月号より)

2019.1/29(火)19:00 紀尾井ホール
問:紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061 
http://www.kioi-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 【レポート】武蔵野音楽大学 管弦楽団合唱団演奏会「荘厳ミサ曲」リハーサル取材
      on 2019/11/15 at 01:00

      若い学生たちが巨匠のタクトで ベートーヴェン「荘厳ミサ曲」に挑む    今年創立90周年を迎えた武蔵野音楽学園。初期には武蔵野音楽学校として認可され、戦後には音楽大学音楽学部としていち早く設置認可されるなど、昭和初期から激動の時代を乗り越え、永く日本の音楽界の重要な礎となってきた学び舎であり、ここから巣立った名音楽家も数多い。    90周年を記念する演奏会として開催されるのが、12月の「武蔵野音 [&#8230 […]