紀尾井ホール室内管弦楽団 2019年度定期演奏会

古典から20世紀作品まで傑作ぎっしりのラインナップ


 2017年、紀尾井シンフォニエッタ東京から名称を変更した紀尾井ホール室内管弦楽団(KCO)は、ウィーン・フィルのコンサートマスターでもあるライナー・ホーネックを首席指揮者に迎えた。ホーネックは、年間5プログラムの定期演奏会のうち、3つに登場。毎回、指揮だけでなくヴァイオリン・ソロも披露している。
 3シーズン目の19年度もそのスタイルが継続される。シリーズ化されている〈ホーネックのモーツァルト選集〉では、「セレナータ・ノットゥルナ」でヴァイオリンを弾き、「グラン・パルティータ」を振る(2019.4/5,4/6)。もう一つのシリーズ〈ミュトスとロゴス〉では、西村まさ彦を語りに迎え、ベートーヴェンのバレエ音楽「プロメテウスの創造物」を全曲演奏(9/27,9/28)。そして20年2月には、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を弾き振りし、交響曲第7番で年度を締め括る(20.2/14,2/15)。
 注目は、バッハ・コレギウム・ジャパン音楽監督である鈴木雅明の客演。バルトークの「弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽」とストラヴィンスキーのバレエ音楽「プルチネルラ」という20世紀音楽を取り上げるのが興味深い(19.6/21,6/22)。「プルチネルラ」は歌手を交えての全曲演奏。
 鍵盤奏者としても知られるイギリスの指揮者、リチャード・エガーは、16年の「東京・春・音楽祭」での共演で好評を博し、KCOの定期にデビューする。近年演奏頻度の上がっているシューマンのヴァイオリン協奏曲を、国際的に活躍する佐藤俊介が弾く。ブラームスの交響曲第2番は意外にもKCO初レパートリー。初演当時に近い小振りな編成での演奏が楽しみ(11/8,11/9)。
文:山田治生
(ぶらあぼ2018年11月号より)

※紀尾井ホール室内管弦楽団 定期演奏会の各公演のチケット発売日など、詳細については下記ウェブサイトでご確認ください。
問:紀尾井ホールチケットセンター03-3237-0061 
http://www.kioi-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]