ミュージック・イン・スタイル 岩崎 淑シリーズ Vol.41 〜シューベルト 冬の旅〜

シリーズ41年目は旬のバリトン歌手と「冬の旅」を


 わが国の音楽シーンをリードしてきた名ピアニストが、多彩な共演者を招き、室内楽の名演を披露してきた「ミュージック・イン・スタイル 岩崎淑シリーズ」。昨年に40周年の節目を迎え、新たなスタートとなる今回は、韓国出身の名バリトン、キュウ・ウォン・ハンを迎えて、シューベルトの連作歌曲集「冬の旅」を披露する。
 ソウル出身のハンは、米マンハッタン音楽院で修士号を取得し、サンフランシスコ歌劇場の《ドン・ジョヴァンニ》公演で、タイトルロールを演じて華々しくデビュー。兵庫県立芸術文化センター制作の《蝶々夫人》(佐渡裕・指揮)でシャープレス役を演じるなど、日本でも多くの舞台で活躍している。
 今回は、岩崎の音色をパートナーとして、ミュラーの名詩に基づき、失恋した若者の絶望と孤独なさすらいを描いたシューベルトの「冬の旅」全24曲に対峙する。「キュウさんの声は、シューベルトに最もふさわしい」と絶賛する岩崎。「たぐいまれな名曲の一つひとつは、伴奏を弾くたびに涙がこぼれ、胸がいっぱいになります」と語る。
文:笹田和人
(ぶらあぼ2018年11月号より)

2018.11/30(金)19:00 Hakuju Hall
問:プロアルテムジケ03-3943-6677
http://www.proarte.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ソウルのソさんを訪ねて | 川口成彦のフォルテピアノ・オデッセイ 第7回
      on 2020/02/17 at 01:00

      2018年、第1回ショパン国際ピリオド楽器コンクールで見事第2位に入賞し、一躍脚光を浴びた川口成彦さん。現在、アムステルダムを拠点に演奏活動をおこなう傍ら、世界中の貴重なフォルテピアノを探し求めて、さまざまな場所を訪ね歩いています。この連載では、そんな今もっとも注目を集める若きフォルテピアノ奏者による、ほかでは読めないフレッシュな情報満載のレポートを大公開します! 第7回 ソウルのソさんを訪ねて [&#8230 […]