第12回 国際オーボエコンクール・東京で浅原由香が第2位

写真提供:公益財団法人 ソニー音楽財団

 9月29日から開催されていた「第12回 国際オーボエコンクール・東京」の本選が10月6日に、東京・紀尾井ホールで行われ、入賞者が下記の通り発表された。
第1位:該当者なし
第2位:浅原由香(日本)
第3位:アンドレイ・シュロキャン(ロシア)、アルマン・ジコルム(フランス)
 最高位に入賞した浅原は、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。オーボエを池田昭子、小畑善昭、青山聖樹らに師事し、現在は、首都圏のオーケストラや室内楽で活動している。第10回日本ジュニア管打楽器コンクール第1位、第29回宝塚ベガ音楽コンクール第5位など、入賞多数。
 「国際オーボエコンクール・東京」はソニー音楽財団初代理事長の大賀典雄発案のもと、オーボエの真価を広めると共に、優れた人材の発掘と育成に努めることを目的として3年に一度開かれ、若手オーボエ奏者の登竜門として世界に広く認知されている。今回の審査委員はハンスイェルク・シェレンベルガー(委員長)、モーリス・ブルグ、古部賢一らが務めた。

国際オーボエコンクール・東京
http://oboec.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • 勅使川原三郎(ダンサー・振付家・演出家)ロング・インタビュー Part1
      on 2020/02/19 at 02:22

      interview & text :岡見さえ photos:野口 博 世界的な振付家、ダンサーであることはもはや言を俟たず、さらに4月より愛知県芸術劇場芸術監督就任が話題を呼んでいる勅使川原三郎。3月の新作世界初演は、東京芸術劇場と愛知県芸術劇場で上演される『三つ折りの夜』だ。19世紀フランス象徴派の詩人ステファヌ・マラルメの詩にインスピレーションを得て、勅使川原が演出・振付・照明・美術を担当、佐 [&#8230 […]