びわ湖ホール《ジークフリート》制作発表会

左より:山中 隆、池田香織、沼尻竜典
Photo:T.Shiroma/Tokyo MDE

 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールは、プロデュースオペラ《ニーベルングの指環》第2日《ジークフリート》を2019年3月に上演する。8月1日、制作発表会が開かれた。登壇者は山中隆・びわ湖ホール館長、沼尻竜典・同芸術監督、そしてブリュンヒルデ役の池田香織(メゾソプラノ)の3名。
 まずは山中館長の挨拶から。
「びわ湖ホールは、この9月5日に開館20周年を迎え、記念事業として9月30日にマーラー『千人の交響曲』を演奏するが、すでに完売という嬉しい状況。“びわ湖リング”も関西圏はもちろんのこと、首都圏ふくめ各地から観客が訪れるという嬉しいデータが出ている。《神々の黄昏》まで完売を続けさせたい」と意欲的だ。
 続いて沼尻芸術監督が作品と演出について次の通り語った。
「《ジークフリート》は、蛇を退治し、宝物を得て、眠りについているブリュンヒルデを眠りから覚ます、という単純なストーリー。しかし、ワーグナーは大量のテキスト(台本)を書いており、曲としては《神々の黄昏》の方が長いけれど、テキストは《ジークフリート》の方が多い。歌手も私もかなり勉強しなければいけない。作品としては単純なようで難易度は高い」。また、演出家のミヒャエル・ハンぺに関して「今年で84歳だが、稽古場では一番元気。演出はオーソドックスになると思う。ワーグナーが台本に記したことをテクノロジーを駆使して忠実に再現するという方針はいつもと同じ。賛成派、反対派みなさんに観てもらいたい」。キャスティングについては「私一人で決めている。所属する団体の枠を超えて日本人の優れた歌手、海外の歌手ふくめグローバル・スタンダードで選んでいる。本当の歌手の実力主義が生まれると思う」。
 最後に、これまで《ラインの黄金》エルダ、《ワルキューレ》ブリュンヒルデを歌い、今回もブリュンヒルデ役で出演する池田香織。
「演出のハンぺさんは時間をかけて、妥協することなく芝居をつくるので、みんなの連帯感が生まれる。方々から集まった仲間たちと練習し、切磋琢磨することは良い経験。今回は、強靭な声を持つ題名役のクリスティアン・フランツさんとの共演を特に楽しみにしている」と結んだ。
(ぶらあぼ2018年9月号より)

滋賀県立劇場びわ湖ホール
http://www.biwako-hall.or.jp/

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]