【CD】Ein Konzert/青木尚佳

 2014年ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール第2位などの受賞歴を誇り、20代にして幅広く活躍中の若きヴァイオリンの名手、青木尚佳。R.シュトラウスのソナタを軸とし、その前後にウィーンの粋を聴かせる有名曲を並べたコンサートのライヴ録音で、魅力的かつ成熟した演奏を披露。ソナタの雄大な構えと繊細な歌心、小品それぞれの小粋な歌い回しの弾き分け、豊かなニュアンスに全体の構築も見事。音色や表現の純度が高いのも好ましく、若くして正攻法で聴く者を惹きこんでしまう。“期待の若手”どころか、これからも飛躍を続ける“未来の大家”の登場を確認できる一枚だ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年8月号より)

【information】
CD『Ein Konzert/青木尚佳』

モーツァルト(クライスラー編):ロンド/クライスラー:プレリュードとアレグロ、美しきロスマリン、愛の悲しみ、愛の喜び、ウィーン風小行進曲/R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 他

青木尚佳(ヴァイオリン)
中島由紀(ピアノ)

収録:2017年10月、Hakuju Hall(ライヴ)
フォンテック
FOCD9778 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • ダヴィデ・ルチアーノ(バリトン)| いま聴いておきたい歌手たち 第12回 
      on 2020/01/17 at 03:20

      text:香原斗志(オペラ評論家) スターダムをのし上がりつつあるバリトンの大器 20世紀までは、バリトンなら彼だ、と太鼓判を押せる歌手がいつも、それも複数いたように思うが、ここしばらくの間、20世紀の生き残りであるような大御所を除くと、絶対的な指標になるようなバリトンがいなかったように思う。ダヴィデ・ルチアーノこそは、久々に現れた大器というべきだろう。 2017年8月、ペーザロのロッシーニ・オペ [&#8230 […]