【CD】Ein Konzert/青木尚佳

 2014年ロン=ティボー=クレスパン国際コンクール第2位などの受賞歴を誇り、20代にして幅広く活躍中の若きヴァイオリンの名手、青木尚佳。R.シュトラウスのソナタを軸とし、その前後にウィーンの粋を聴かせる有名曲を並べたコンサートのライヴ録音で、魅力的かつ成熟した演奏を披露。ソナタの雄大な構えと繊細な歌心、小品それぞれの小粋な歌い回しの弾き分け、豊かなニュアンスに全体の構築も見事。音色や表現の純度が高いのも好ましく、若くして正攻法で聴く者を惹きこんでしまう。“期待の若手”どころか、これからも飛躍を続ける“未来の大家”の登場を確認できる一枚だ。
文:林 昌英
(ぶらあぼ2018年8月号より)

【information】
CD『Ein Konzert/青木尚佳』

モーツァルト(クライスラー編):ロンド/クライスラー:プレリュードとアレグロ、美しきロスマリン、愛の悲しみ、愛の喜び、ウィーン風小行進曲/R.シュトラウス:ヴァイオリン・ソナタ 他

青木尚佳(ヴァイオリン)
中島由紀(ピアノ)

収録:2017年10月、Hakuju Hall(ライヴ)
フォンテック
FOCD9778 ¥3000+税

  • La Valseの最新記事もチェック

    • エリーナ・ガランチャ(メゾソプラノ)| いま聴いておきたい歌手たち 第14回 
      on 2020/03/25 at 06:59

      text:香原斗志(オペラ評論家) ハングリー精神とテクニック 忘れている人、あるいは知らない人も多いのではないだろうか。2003年11月、新国立劇場で上演されたオッフェンバック《ホフマン物語》にエリーナ・ガランチャは出演し、ニクラウス/ミューズを歌っていた。もちろん、低域から広域までのなめらかな声と豊かな感情表出で強い印象を残したけれど、まだ圧倒的な歌唱とまでは言えなかった。 03年は、ガランチ [&#8230 […]